2005年06月20日

【APPLESEED アップルシード】(2004)「愛の物語ですね」


【キーワード】
『純粋な恋愛』 『戦う女性は美しい』 『家族という絆』

■戦いが終わったら、
 母になりたい。

【評価】★★★★=2点 ☆=1点)
アップルシード
西暦2131年、世界中を巻き込んだ大戦によって荒廃した世界の唯一の希望の理想郷”オリュンポス”。
そこはクローン人間と人間が共存した世界だった。
大戦を生き抜いた伝説の女戦士デュナンは、かつて愛したブリアレオスと”オリュンポス”で再会した。
しかしブリアレオスは身体を機械化されていて、かつての面影をなくしていた。
クローンと人間の未来と女戦士の生き様を描いた物語。


フルCG映像がとにかくすごいexclamation×2
最初は違和感もありますが、アクションやストーリーによってあっという間にその世界観に惹きこまれていきました。

印象的なところは・・・。ぴかぴか(新しい)
●オープニングのアクションシーン。
※今作品NO.1ともいえるアクションシーンがオープニングにあるものだから、一気に惹きつけられました。パンチ
※デュナンの華麗な強さが描かれていますね。
●BARで恋への憧れを語るヒトミ。
※すっごくキュートに描かれていて、可愛かったですね。ハートたち(複数ハート)
●デュナンの母の最期。
※特に幼い娘に”アップルシード”を託すシーンと銃を突きつけられた中で思わず動いてしまうシーンには、
母親の愛情を感じてしまい、それゆえに起きた悲劇が哀しすぎます。もうやだ〜(悲しい顔)
※倒れ行く母の映像を、助けようとするシーンも秀逸。
●ブリアレオスの最期?と復活シーン。
※ついに語る本音が心に浸透してきます。
※そして壁を破壊しての豪快な復活シーンには、「うおぉぉ!」とコブシを握ってしまいました。パンチ
●デュナンのスカイダイブシーン。
※カッコよすぎます。そして”ランドメイト”の装着シーンも「合体!」って感じでした。わーい(嬉しい顔)

残念なところは・・・。むかっ(怒り)
●将軍やハデスって何?
※敵のはずなのに物語からのあっさりとした退場にガッカリ。本筋からみたらしがない脇役ってとこでしょうか。


この作品はアクションシーンもすごいのですが、根底に流れる愛情が素敵に描かれていました。黒ハート
恋する感情に想いを寄せるヒトミ、デュナンを思わず抱きしめるアテナ、
生身の身体を失ってもデュナンに会いたいと願うブリアレオスなどなど・・・。

最近TVシリーズ作成のことを知り、続編を期待していただけに楽しみです。わーい(嬉しい顔)
第2の”攻殻機動隊”になってほしい。

【上映時間】103 分
【製作国】日本
【主な声の出演】
  小林愛 デュナン・ナッツ
  小杉十郎太 ブリアレオス
  松岡由貴 ヒトミ
【監督】荒牧伸志
【プロデューサー】植木英則/渡邉直子
【プロデュース】曽利文彦
【原作】士郎正宗
【脚本】半田はるか/上代務
【CGディレクター】大塚康弘
【CGプロデューサー】豊嶋勇作
【キャラクターデザイン】山田正樹
【モーションアクター】三輪明日美/秋本つばさ
【公式サイト】http://www.a-seed.jp/
posted by レオン at 07:30 | Comment(0) | TrackBack(2) | 【アニメ】

★☆★☆★作品一覧リスト★☆★☆★

今まで語ってきた作品の一覧リストです。
※評価星(=2点 =1点)はあくまで個人的評価です。

【洋画あ行】

カチンコ★★★【イン・ハー・シューズ】(2005)NEW
カチンコ★★★★【X−MEN2】(2003)
カチンコ★★★☆【X−MEN】(2000)
カチンコ★★★☆【美しき野獣】(2005)
カチンコ★★【あなたに降る夢】(1994)
カチンコ★★【奥さまは魔女】(2005)
カチンコ★★【イントゥ・ザ・ブルー】(2005)
カチンコ★★☆【ウィンブルドン】(2004)
カチンコ★★☆【アイランド】(2005)
カチンコ★★☆【オペラ座の怪人】(2004)
カチンコ★★☆【永遠の片想い】(2003)
カチンコ★★☆【オーシャンズ12】(2004)
カチンコ★★☆【オーシャンズ11】(2001)

【洋画か行】

カチンコ★★★【キング・アーサー】(2004)
カチンコ★★★【50回目のファースト・キス】(2004)
カチンコ★☆【クリスティーナの好きなこと】(2002)
カチンコ★★☆【コンフィデンス】(2003)
カチンコ★★☆【コール】(2002)
カチンコ★★★☆【カンフーハッスル】(2004)
カチンコ★☆【子猫をお願い】(2001)

【洋画さ行】

カチンコ★★★★【セルラー】(2004)
カチンコ★★【四月の雪】(2005)
カチンコ★★【世界で一番パパが好き!】(2004)
カチンコ★★★☆【ソウ2】(2005)
カチンコ★★★【最後の恋のはじめ方】(2005)
カチンコ★★★★【SAYURI】(2005)
カチンコ★★★【サハラ 死の砂漠を脱出せよ】(2005)
カチンコ★★★☆【スウィート・ノベンバー】(2001)
カチンコ★★★★【セレンディピティ】(2001)
カチンコ★★★☆【少林サッカー】(2001)
カチンコ★★【ザ・インタープリター】(2005)
カチンコ★★★★【ステルス】(2005)
カチンコ★★☆【シン・シティ】(2005)
カチンコ★★★★【シンデレラマン】(2005)
カチンコ★★☆【死ぬまでにしたい10のこと】(2003)
カチンコ★★★☆【ソウ】(2004)
カチンコ★★★★☆【シュリ】(1999)

【洋画た行】

カチンコ★★★★☆【トランスポーター2】(2005)
カチンコ★★★★☆【デイジー】(2006)
カチンコ★★★★☆【トランスポーター】(2002)
カチンコ★★【タッチ・オブ・スパイス】(2003)
カチンコ★★★☆【トータル・フィアーズ】(2002)
カチンコ★★☆【タイフーン TYPHOON】(2005)
カチンコ★★☆【ドミノ】(2003)
カチンコ★★★☆【デッド・コースター】(2005)
カチンコ★★★【タイムライン】(2003)
カチンコ★★☆【TUBE チューブ】(2003)
カチンコ【誰にでも秘密がある】(2004)
カチンコ★★【TAXI NY】(2004)
カチンコ★★【デイ・アフター・トゥモロー】(2004)
カチンコ★★★★【再見 ツァイツェン また逢う日まで】(2001)

【洋画な行】

カチンコ★★【ナショナル・トレジャー】(2004)

【洋画は行】

カチンコ★★★【ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ】(2005)
カチンコ★★★【フライトプラン】(2005)
カチンコ★★★☆【ファイナル・デスティネーション】(2000)
カチンコ★★【ピーター・パン】(2003)
カチンコ★★★★【炎のメモリアル】(2004)
カチンコ★★【ボーン・スプレマシー】(2004)
カチンコ【ボーン・アイデンティティー】(2002)
カチンコ【ブラック・ダイヤモンド】(2003)
カチンコ★☆【バリスティック】(2002)

【洋画ま行】

カチンコ★★☆【ミシェル・ヴァイヨン】(2003)
カチンコ★★★★【Mr.&Mrs.スミス】(2005)
カチンコ★★★★☆【ミリオンダラー・ベイビー】(2004)
カチンコ★★★【マッハ!】(2003)
カチンコ★★【ムーラン・ルージュ】(2001)

【洋画や行】

【洋画ら行】

カチンコ★★★☆【ルパン】(2004)NEW
カチンコ★★☆【レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語】(2004)
カチンコ★★★☆【ラブ・アクチュアリー】(2003)
カチンコ★★★★【ラスト・プレゼント】(2001)
カチンコ★★★★【リトル・ダンサー】(2000)
カチンコ★★★★★【レオン】(1994)

【洋画わ行】

カチンコ★★★★【私の頭の中の消しゴム】(2004)

【邦画】

カチンコ★★★★【タイヨウのうた】(2006)NEW
カチンコ★★★【ALWAYS 三丁目の夕日】(2005)NEW
カチンコ★★☆【同じ月を見ている】(2005)
カチンコ★★【亡国のイージス】(2005)
カチンコ★★★【約三十の嘘】(2004)
カチンコ★★☆【星になった少年】(2005)
カチンコ★★★☆【NANA】(2005)
カチンコ★★★【四日間の奇蹟】(2005)
カチンコ★★★☆【電車男】(2005)
カチンコ★★★【フライ,ダディ,フライ】(2005)
カチンコ★☆【下弦の月 ラスト・クォーター】(2004)
カチンコ★★★★【東京タワー】(2004)
カチンコ★★【ローレライ】(2005)
カチンコ【バトル・ロワイアルU特別編】(2003)
カチンコ★★★★【バトル・ロワイアル特別編】(2001)
カチンコ★★☆【g@me.】(2003)
カチンコ★★★【天国の本屋さん〜恋火】(2004)
カチンコ★★★★【半落ち】(2003)
カチンコ★★★★【スウィングガールズ】(2004)
カチンコ★☆【あずみ】(2003)

【TVドラマ】

カチンコ★★★★【ケイゾク/特別篇(ファントム)〜死を契約する呪いの木〜】(1999)

【アニメ】

カチンコ★★【ティム・バートンのコープス・ブライド】(2005)NEW
カチンコ★★【銀色の髪のアギト】(2005)
カチンコ★★★☆【あらしのよるに】(2005)
カチンコ★★★★【Mr.インクレティブル】(2004)
カチンコ★★★★【ハウルの動く城】(2004)
カチンコ★★【アンツ】(1998)
カチンコ★★★☆【ほしのこえ】(2002)
カチンコ★★★★【APPLESEED アップルシード】(2004)
カチンコ★★☆【ファインディング・ニモ】(2003)
カチンコ★★★★【雲のむこう、約束の場所】(2004)
posted by レオン at 02:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【一覧リスト】

2005年06月16日

【天国の本屋さん〜恋火】(2004)「ピアノと花火と天国と」


【キーワード】
『一途な恋愛』 『家族という絆』 『芸術』

■大切な人を失ったあなたと、大切な人を残してきたあなたへ。
■完成しなかったピアノ組曲…。
 2度と上がらなくなった“恋する花火”…。
 地上と天国が出逢うとき、
 結ばれなかった恋人たちに、奇跡がおこる。
■願いはかなう。
 想いは伝わる。

【評価】★★★=2点 ☆=1点)
天国の本屋〜恋火
天国の本屋で突然バイトすることになった健太、
組曲の最後を作ることができないまま天国にきた翔子、
現世で叔母と”恋する花火”の関係を知り、花火大会の復活に燃える香夏子。
三者三様のストーリーをピアノと花火をキーワードに描いた、天国と現世の物語。


原作小説を読んでいないので、2冊のストーリーをどのように融合させたのかが興味がありましたが、
上手に描かれているのではないのでしょうか?

個人的にサイドストーリーの由衣と弟のストーリーが一番好きだったりして・・・。わーい(嬉しい顔)

印象的なところは・・・。ぴかぴか(新しい)
●最後の花火(ワビ)のシーン。
※すごくキレイでした。ぴかぴか(新しい)
●現世に帰ってきた由衣がビー玉を空にかざすシーン。
※ビー玉ってアイテムがいいですね。るんるん
※ただ悔やまれるのは弟の手のひらにあるビー玉のアップと、
由衣の手のひらに握られていたビー玉のアップシーンが欲しかった。ふらふら
※もうひとつ悔やまれるのは、ビー玉をかざした空が晴天だったら良かったなー。

残念なところは・・・。むかっ(怒り)
●健太が天国に連れてこられた意味が、いまいち受け止めづらかった。
●天国で香夏子、現世で健太が弾くピアノシーンは、二重奏みたいな雰囲気(映像)にしたほうが個人的に好き。
(隣に相手が座って弾いているみたいな)
●瀧本の苦悩と復活を、イマイチ描ききれていないところが悔やまれる。

ベタな恋物語でもなく、単純な感動物語でもなく、純粋な気持ちで観れました。
おそらく観る人の受け止め方で、色々な感情が出てくるでしょうね。

※余談ですが懐かしの北の大地が撮影舞台と知り、
 広大な景色の中を駆け回っていたあの頃を思思い出してしまいした。

できることならば今後も続編を作成して、さまざまな愛や友情を描いてほしいです。
それにしても妙に現実感のある天国ってのも、アリですね。わーい(嬉しい顔)

【上映時間】111 分
【製作国】日本
【主な出演】
  竹内結子:翔子/香夏子
  玉山鉄二:健太
  香里奈:由衣
  新井浩文:サトシ
  香川照之:瀧本
  香川京子:幸
  原田芳雄:ヤマキ
【監督】篠原哲雄
【製作】久松猛朗
【原作】松久淳+田中渉 『天国の本屋』『恋火』
【脚本】狗飼恭子/篠原哲雄
【撮影】上野彰吾
【美術】小澤秀高
【音楽】松任谷正隆
【主題歌】松任谷由実 永遠が見える日』
【公式サイト】http://h-bs.jp/pc/
posted by レオン at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【邦画】

2005年06月14日

【ファインディング・ニモ】(2003)「壮大な海と魅力的な魚の世界観を満喫」


【キーワード】
『ディズニー&ピクサー』 『家族という絆』 『友情という絆』 『舞台は海』
『鳥・魚・動物・その他』 『冒険』

■ニモがさらわれた――。
 海中に生きる3兆7千億の魚の中からたった一匹のかけがえのない息子を探すために、
 父マリーンの冒険が始まる。
■「誰かニモを知りませんか?」

【評価】★★☆=2点 ☆=1点)
ファインディング・ニモ
母親の命と引き換えに助かったニモ。そんなニモを過保護に育てる父親マーリン。
そんなある日、ニモが人間に捕まってしまった。
物忘れの激しいナンヨウハギのドリーと共に、さまざまな出会いや冒険のなかで
マリーンはニモを探すたびに出る物語。


全体的にやはり海の中の、未知の世界が素敵に表現されていて良かった〜。
亀、サメ、ペリカンなどさまざまなキャラがどれも個性的で魅力たっぷりでした。

印象的なところは・・・。ぴかぴか(新しい)
●亀の大群。
※お茶目な亀の子供がメッチャ可愛いるんるん
※ウォータースライダーみたいな海流シーンもお気に入りです。わーい(嬉しい顔)
●瀕死のニモを救うために行動するギル。
※渋いギルがカッコいいexclamation
●鯨の腹の中。
※鯨の腹の中はすごい体験ですね。
●脱出に成功したギルとその仲間。
※最後のオチに爆笑です。わーい(嬉しい顔)
●3匹のサメ。
※”断魚の誓い”が笑えました。わーい(嬉しい顔)


「パパが外の海に出るわけないよ」と言っていたニモも、
パパの冒険譚を聞いたらきっと「パパってすごいね♪」って言うでしょうね。

ニモを探す旅で立派になった父親マリーンと、仲間に出会い成長したニモ。
人生って何があるかわかりませんね。


オモチャ、昆虫、モンスター、魚の世界を描いたピクサーは次に何を持ってくるのか楽しみです。
個人的には大空を舞台に鳥の世界を見てみたいな。

【上映時間】101 分
【製作国】アメリカ
【主な声の出演】
  アルバート・ブルックス(木梨憲武):マーリン
  エレン・デジュネレス(室井滋):ドリー
  アレクサンダー・グールド(宮谷恵多):ニモ
  ウィレム・デフォー(山路和弘):ギル
【監督】アンドリュー・スタントン
【共同監督】リー・アンクリッチ
【製作】グレアム・ウォルターズ
【製作総指揮】ジョン・ラセター
【原案】アンドリュー・スタントン
【脚本】アンドリュー・スタントン/ボブ・ピーターソン/デヴィッド・レイノルズ
【音楽】トーマス・ニューマン
posted by レオン at 19:51 | Comment(0) | TrackBack(2) | 【アニメ】

【半落ち】(2003)「愛と命の尊さに涙」


【キーワード】
『家族という絆』 『一途な恋愛』 『切なさが心に染みる』

■男はなぜ、最愛の妻を殺したのか――
 男はなぜ、あと1年だけ、生きる決心をしたのか――?

【評価】★★★★=2点 ☆=1点)
半落ち
病に冒された妻を殺したと自首してきた現職警官の梶。
しかし彼は妻を殺してから自首するまでの空白の2日間を語らない。
刑事、検事、弁護士、記者、判事・・・、彼らはは各々の立場から梶とこの事件に向き合う。


供託殺人、骨髄性白血病、アルツハイマー病、警察と検察の立場など重いテーマのこの作品でしたが、それに負けない名優たちの重厚な演技に圧巻させられました。

印象的なところは・・・。ぴかぴか(新しい)
●『ぼくに命をありがとう』の新聞記事。
※号泣です。もうやだ〜(悲しい顔)
●妻:啓子が残した日記。
※最後まで必至に書き綴られた”会いたい”という言葉に、再度号泣でした。もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)
●護送される梶に、少年の「生きてください」の声なき言葉。
※最後の号泣です。志木刑事の粋な計らいだったと思います。もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)

残念なところは・・・。むかっ(怒り)
●いまいち藤林判事の叫びが意味不明でした。
※もっと切実な抑えた演技での言葉でも良かったような?


さまざまなキャラの立場や思いや感情が上手に描かれていて、
どのキャラにも感情移入ができました。
演じた役者もその役柄もどれも魅力的であり、その立場ならではの考えや苦悩などに考えさせられました。

エンドロールでの紅葉の美しさが、これまで語られていた物語によって痛切な思いをした心に
穏やかな安らぎを与えてくれたと思います。

【上映時間】121 分
【製作国】日本
【主な出演】
  寺尾聰:梶聡一郎
  柴田恭兵:志木和正
  原田美枝子:梶啓子
  吉岡秀隆:藤林圭吾
  鶴田真由:中尾洋子
  伊原剛志:佐瀬銛男
  國村隼:植村学
  高島礼子:植村亜紀子
  奈良岡朋子:高木医師
  樹木希林:島村康子
  嶋田久作/斉藤洋介/豊原功補/西田敏行/奥貫薫/田辺誠一
【監督】佐々部清
【原作】横山秀夫
【脚本】田部俊行/佐々部清
【撮影】長沼六男
【美術】山崎秀満
【音楽】寺嶋民哉
【主題歌】森山直太朗  『声』  
【公式サイト】http://www2.toei.co.jp/hanochi/
posted by レオン at 19:05 | Comment(0) | TrackBack(1) | 【邦画】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。