2005年08月25日

【ほしのこえ】(2002)「短い時間に凝縮された愛の物語」


【キーワード】
『純粋な恋愛』 『遠距離恋愛』 『新海誠』 『切なさが心に染みる』
『メッセージ・・・、手紙・メール・留守番電話etc』 『舞台は宇宙』


【評価】★★★☆=2点 ☆=1点)
ほしのこえ
中学の同級生だった美加子と昇。ある日宇宙軍の選抜メンバーに選ばれて美加子は宇宙に旅立った。
二人を繋ぐのは携帯のメール。メールが届く時間は次第に長くなっていく中で無事にメールが届くのを願う美加子とそれをひたすら待つ昇。
宇宙と地上に引き裂かれた二人の愛の物語。


まずはこの作品が新海誠たった一人の手によって生み出されたことに、スゴイの一言です。
携帯メールで二人の想い、心情を見事に描いています。
たった30分足らずのアニメでここまで感動できる作品も珍しいでしょうね。

印象的なところは・・・。ぴかぴか(新しい)
●いっぱいの懐かしさを互いに感じたいと願い、二人の想いが重なり合うシーン。
※夏の雲、冷たい雨、秋の風のにおい、傘にあたる雨の音、春の土のやわらかさ・・・と、
 何気ないワンシーンを二人と同様に懐かしんでしまいました。わーい(嬉しい顔)
●次のメールが届くのに8年かかることに、「私のこと忘れちゃうかな・・・。」とつぶやく美加子。
※辛い、切ない!美加子の寂しさが伝わってきます。もうやだ〜(悲しい顔)
●一度は美加子をあきらめた昇が1年ぶりのメールを読んで、一人でも大人になることを決意したシーン。
※美加子との時間のずれにも負けないで、生きる決意をした昇がカッコいいね。るんるん
●地球に良く似た星の雨の中であふれる涙、8年後に届くメール。
※15歳の美加子から24歳の昇へのメール・・・。時間の流れが残酷でした。ふらふら
●8年ぶりの美加子からのメールを受け取った昇。
※メールの中身にまだ15歳の美加子の存在を感じてしまい、切なさいっぱいです。もうやだ〜(悲しい顔)

残念なところは・・・。むかっ(怒り)
●キャラ描写がいまいち。
※ストーリーが良いから許します。(笑)
●戦闘シーンがあと一歩。
※ストーリーが良いから許しちゃいます。(笑)
●敵設定と戦いの意味がいまいち。
※ストーリーが良いから、とにかく許しちゃいます。(笑)


メール到着まで8年・224日・1時間”、”メッセージはありません”そんな携帯画面を見て、
二人の感じる時間と距離に心が痛かった。ふらふら


メールにしか残せない想い。そのメールが届くのは1ヶ月後、1年後、8年後・・・。
時間の流れ、互いの距離が辛すぎます。
まだ青春真っ最中の二人に
人の想いは時間や距離を越えることができます!揺れるハート
そう大声で叫びたい気分。

美加子と昇は再会できるのでしょうか?
それはこの作品を観た人の心の中でのみ、物語の続きが描かれるのでしょう。
ちなみに私の心の中では、さらに二人の歳の差が離れてしまいますが、
渋く良い男に成長した昇と16歳になった美加子がそっと手を取り合い、星空を見つめるシーンが描かれています。

私(僕)は、ここにいるよ」・・・、良い言葉ですね。わーい(嬉しい顔)

【上映時間】25 分
【製作国】日本
【主な声の出演】
  篠原美香:長峰美加子(オリジナル版)
  新海誠:寺尾昇(オリジナル版)
  武藤寿美:長峰美加子(声優版)
  鈴木千尋:寺尾昇(声優版)
【監督】新海誠
【製作】新海誠
【原案】新海誠
【脚本】新海誠
【音楽】天門
【主題歌】Low
【公式サイト】http://www2.odn.ne.jp/%7Eccs50140/stars/index.html
posted by レオン at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【アニメ】

2005年08月23日

【TAXI NY】(2004)「美女軍団に乾杯♪」


【キーワード】
『リュック・ベッソン』 『疾走、爆走、スピード体験』 『自動車』 『名コンビ? 迷コンビ??』
『in NY』

■この女、ブレーキ知らず!

【評価】★★=2点 ☆=1点)
TAXI NY
車の運転が極度に下手な刑事ウォッシュバーンが犯人追跡に乗り込んだタクシーを運転していたのは、
絶妙なドライビングテクニックでNYを爆走する女性ドライバーのベルだった。
そんな出会いをした二人はコンビを組んで、セクシー美女4人組の銀行強盗との追走劇が始まる。
リュック・ベッソン監督が脚本・製作した3作品のデビュー作品をハリウッドがリメイクした物語です。


なんていうんでしょうか、やはり本家には勝てませんね。
主役から犯人まで女性をメインに持ってきて「華があるねー♪」って良い感じなのです。
何とかしようとする努力は認めますが、所詮はそこまでって感じでした。

でも女性でありながらのあのカーアクションには、「おぉ!」って思いました。
そしてセクシー美女軍団の美貌に「おおぉ!!」って思いました。

印象的なところは・・・。ぴかぴか(新しい)
●犯人グループのセクシー全般。揺れるハート
※特にスーツの脱衣シーンにはちょっぴりドキドキ。
●オープニングの自転車シーン。
※驚きの連続でスゴイです。わーい(嬉しい顔)

残念なところは・・・。むかっ(怒り)
●なぜ主人公ドライバーにあの女優さん?
※確かに味はあるのですが、もっと美人女優さんを抜擢してほしかった。
※作品を見るまで主役の女性ドライバーは、ジャケットデザインの女性と思ってました。
●最後のカーチェイスシーン。
※最後の見せ場のはずが、あっさりとした結末に拍子抜けです。
※計3回のカーチェイスでしたが、最初が一番良くて、回を重ねるごとにどんどんレベルダウン。
●まるっきり本家のパクリでがっかり・・・。ちっ(怒った顔)
※そりゃーリメイクですけど、もう少し変化をつけてくださいよ。

とにかく私個人的には、セクシー美女軍団があっての作品だねって印象です。
これで懲りずにリメイク第2弾なんてやったらすごいけど・・・。

【上映時間】97 分
【製作国】アメリカ/フランス
【主な出演】
  クイーン・ラティファ:ベル・ウィリアムス
  ジミー・ファロン:アンディ・ウォッシュバーン
  ジゼル・ブンチェン:ヴァネッサ
  ジェニファー・エスポジート:マータ・ロビンス警部補
  アン=マーグレット:ウォッシュバーンの母
  ヘンリー・シモンズ:ジェシー
【監督】ティム・ストーリー
【製作】リュック・ベッソン
【製作総指揮】アイラ・シューマン/ロバート・シモンズ
【脚本】トーマス・レノン/ロバート・ベン・グラント/ジム・カウフ
【オリジナル脚本】リュック・ベッソン
【撮影】ヴァンス・バーバリー
【公式サイト】】http://www.foxjapan.com/movies/taxi-ny/
posted by レオン at 17:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【洋画た行】

2005年08月20日

【ブラック・ダイヤモンド】(2003)「ジェット・リーはやっぱ強いね」


【キーワード】
『その肉体が武器!』

■鑑定評価、100カラットの凶器。

【評価】=2点 ☆=1点)

ブラックダイヤモンドを盗んだために愛娘を誘拐されたトニー。
ブラックダイヤモンドを追うスーはトニーにある提案を持ちかける・・・。
妖しく輝くブラックダイヤモンドを中心に描かれる


ジェット・リー作品だから観てみましたが、正直がっかりです。バッド(下向き矢印)
ハッキリ言って、ジェット・リーの扱い方に不満あり!ちっ(怒った顔)
ジェット・リーのアクションも少なすぎるし、そのアクションの魅せ方もひどすぎる。

戦車が出てきたのには笑えましたが、ただそれだけ・・・。

印象的なところは・・・、なし!
あえて言うならば高層ビルを外側から侵入するシーン。

残念なところは・・・、たくさんありすぎるので省略!

ジェット・リーももう少し作品を選んでほしいところが願いです。
ジェット・リーファンとしては寂しいですよ。もうやだ〜(悲しい顔)

【上映時間】101 分
【製作国】アメリカ
【主な出演】
  ジェット・リー:ダンカン・スー
  DMX:トニー・フェイト
  マーク・ダカスコス:リン
  アンソニー・アンダーソン:トミー
  ガブリエル・ユニオン:ダリア
  トム・アーノルド:アーチィー
  ケリー・フー:ソナ
【監督】アンジェイ・バートコウィアク
【製作】ジョエル・シルヴァー
【製作総指揮】レイ・コープランド/ハーブ・ゲインズ
【脚本】ジョン・オブライエン/チャニング・ギブソン
【撮影】ダリン・オカダ
【編集】デレク・ブレシン
【音楽】ジョン・フリッゼル/デイモン・“グリース”・ブラックマン
posted by レオン at 16:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【洋画は行】

2005年08月19日

【永遠の片想い】(2003)「まさしく永遠の片想い・・・。」


【キーワード】
『純粋な恋愛』 『韓流作品』 『友情という絆』

■いつも三人一緒に過ごしたあの頃――。

【評価】★★☆=2点 ☆=1点)
永遠の片想い
親友同士のスインとギョンヒ。そんな二人と友達になったジファン。
ジファンの一目惚れから始まり友情を描く三人の関係、次第に溢れ出すそれぞれの想い。
突然、ジファンの前から姿を消したスインとギョンヒの行動の真実。
三人が織り成す愛と友情の物語。


切なく、哀しく、そして美しい物語でした。もうやだ〜(悲しい顔)
一目ぼれしたジファンの行動が◎、笑えます!わーい(嬉しい顔)

印象的なところは・・・。ぴかぴか(新しい)
●ギョンヒが時計を叩き割って、時間を戻すシーン。
※手を怪我した理由に思わず納得し、彼女のスインに対する想いが心に染み込んできました。ふらふら
●蛍を見せる代わりにジファンが取った行動。
※飛び散る火の粉が美しく、必死に飛ばそうとしているジファンも良い感じ。わーい(嬉しい顔)
●蚊帳の中でのシーン。
※声のない静かなシーンに、上手く心情が描かれていました。

残念なのは・・・。むかっ(怒り)
●現在と過去のシーンの違いがハッキリしていない。
※一瞬、現在なのか過去のシーンなのかがわかりづらいです。


この作品は最後まで見て、途中に散りばめられたいくつものキャラの表情や行動の理由がわかります。
もう一度見直してみたい気分になっちゃいました。

キャラのちょっとした表情や行動に、心情が描かれているので見逃せませんね。
個人的にはジファン宛の手紙を託すスインの表情が、とっても切なくて愛おしくて好きでした。

スインが語る初恋の話の真実がすごく良かったです。
名前のとりかえっこも印象的でした。

韓国作品の純愛っていいですね。


※この作品を見た後にイ・ウンジュさんが亡くなったことを知りました。
素晴らしき演技力、表現力を兼ね備えた彼女を、新作で見ることができなくなったことに残念に思えます。
願わくば少しでも多くの人々に、彼女が残した作品を見ていただきたく思います。
【上映時間】105 分
【製作国】韓国
【主な出演】
  チャ・テヒョン:ジファン
  ソン・イェジン:スイン
  イ・ウンジュ:ギョンヒ
【監督】イ・ハン
【製作】ハン・ソング
【製作総指揮】キム・ドンユ
【脚本】イ・ハン
【公式サイト】http://www.eien-kataomoi.com/
posted by レオン at 03:07 | Comment(0) | TrackBack(1) | 【洋画あ行】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。