2006年01月22日

【SAYURI】(2005)「美しき女優の演技に酔いしれましょう」


【キーワード】
『芸術』 『子役』 『一途な恋愛』 『チャン・ツィイー』
■絢爛
 無垢
 毅然

【評価】★★★★=2点 ☆=1点)
SAYURI
貧しい漁村に生まれた千代は9歳のとき花街の置屋に売られた。
そこで花街一の売れっ子芸者、初桃の執拗ないじめられ、希望を見失っていたときに、
”会長”と呼ばれる紳士に出会い、千代は芸者になってもう一度会長さんに
逢いたいと思うようになる。
15歳の時、一流の芸者、豆葉が千代を芸者として育てたいと申し出て、
千代は豆葉の妹となった。
豆葉の厳しくも温かい指導の末、千代は芸者”さゆり”としてなった。
そしてさゆりの芸者の花が開こうとしたとき時代は大きく動き出した。


チャン・ツィイー待望の新作るんるん(やっと観たよ〜)
しかも芸者・・・、彼女の芸者姿は美しすぎます。揺れるハート

とにかく女優陣の競演と艶やかなその世界を堪能。
ふと考えたらチャン・ツィイーミシェル・ヨー・・・、そう『グリーン・ディスティニー』の2人です。
激しくも美しいアクションを魅せてくれたあの2人が今度は静かなる演技で魅せてくれましたね。
この作品の前後どちらかで『グリーン・ディスティニー』を観てみるのもいいかもしれません。

印象的なところは・・・ぴかぴか(新しい)
●庭園で会長を待つさゆり。
※その美しき庭園も見事でしたが、そこにたたずむさゆりも美しいぴかぴか(新しい)
●さゆりが芸者としてはじめて見せる舞。
※いや〜お見事exclamation
●さゆり誕生の流れでのさゆりの化粧シーン。
※う、美しすぎます。揺れるハート
●舞台上でのさゆりのソロの舞。
※凄すぎexclamation カッコよすぎexclamation×2
●無数の鳥居の道を駆ける千代。
※幻想的な雰囲気が最高。わーい(嬉しい顔)
●千代と会長の出逢い。
※千代の笑顔が可愛かったねーわーい(嬉しい顔)

残念なところは・・・。むかっ(怒り)
●英語台損。
※日本のようで日本ではない世界と考えれば、まだ許せるかな。
※でもでもところどころで日本語が使われるところは許せんexclamation
●会長は結局おいしいところを持っていただけしか感じれなかった。
●会長は千代が芸者の卵だと何でわかったのでしょうか?
●さゆりと会長のエピソードが少なすぎるexclamation


役者陣がどれも素晴らしいexclamation
チャン・ツィイーは見事に芸者を演じていた。
さゆり誕生シーンは本当に待ち遠しかった。

ミシェル・ヨーはアクションのイメージが強いですが、静の演技も良かった。
そのたたずまいや存在感は熟練してますね。
コン・リーのその圧倒的な演技力はすごかったです。
彼女の過去の作品を機会があれば見てみたくなりました。
渡辺謙はすっかり世界の人って感じ。
工藤夕貴は芸者からその転落ぶりも見事に演じきってましたね。
そしてそしてハリウッドでビューの桃井かおりと役所広司。
役所広司の演技がついにハリウッド作品で見れるのには、ちょっと嬉しかったです。
桃井かおりの演技は、”すごい”を通り越して”恐ろしい”ですね(笑)わーい(嬉しい顔)
でも一番驚きなのは、千代ちゃんを演じた大後寿々花
何者ですかexclamation&question この子は。 こんな子役がいたこと知りません


ストーリーの前半は千代ちゃんの苦労、中盤はさゆりの艶やかさ、
後半は芸者の行く末とさゆりの愛の結末が描かれてました。
チャン・ツィイー大好きな私としては、いつになったら登場するの?
いつになったら芸者さゆりは誕生するの?と待ち遠しくてたまりませんでした。
だから豆葉がさゆりを教育していく映像とさゆりの化粧シーンが交互に紡がれていく、
さゆり誕生シーンが一番盛り上がっていました。
火事が起こったときはどうなるかと思ったのですが、意外とスルーでしたね。
やっと芸者さゆりの伝説が・・・と思っていたら、後半はいきなりの急展開。
「え〜、どうなっていくのー」って感じでいきなり戦争ですかいがく〜(落胆した顔)
温泉シーンであんなことになってしまい、「おカボーー!!」と心の中で叫び、
さゆりの想いが打ち砕かれた瞬間に愕然となってしまいましたがく〜(落胆した顔)

そしてラスト・・・、良かったよ〜、うん、本当に良かったよ〜。もうやだ〜(悲しい顔)
ただ意外と会長とさゆりの絡みが少なかったのが残念な感じはしたが、
最後に鳥居の道を駆ける千代の映像に、感情爆発どんっ(衝撃)
前半部分のあの幼少時の映像が一気に頭の中を駆け抜けて、が流れてしまいました。もうやだ〜(悲しい顔)
※たぶんこのシーンを観るたびに、涙を流しそうになってしまうと思いますね。


この作品は女同士の友情・愛情・嫉妬・憎しみ・争いなどが描かれていました。
さゆりとおカボの友情。
最後はおカボがしてやってくれましたが、彼女の気持ちもわかってしまいます。
さゆりと豆葉の姉妹愛。
豆葉が旦那の件を許すシーンは好きですね。
初桃VS豆葉。
さゆりを間に挟んで見事なまでのぶつかり合いでしたねー。
も〜目に見えない火花がバチバチどんっ(衝撃)
さゆりVS初桃。
散々いじめられたさゆりが初桃を見返したのには気分スッキリ。


おかあさんが商売再開させたのには爆笑、この人は最強ですねわーい(嬉しい顔)
初桃が落ちていく流れは好きでした。
最初は嫌な感じでしたが、彼女も犠牲者の一人なのでしょうねふらふら


この作品を日本人が作成できなかったのが残念な気持ちもありますが、
アジアの才能が競演することのできた、この作品に感謝もしたい。
もしも日本人がさゆりを演じるならば、中谷美紀などいかがなものかと考えてしまいます(笑)わーい(嬉しい顔)

【上映時間】146 分
【製作国】アメリカ
【監督】ロブ・マーシャル
【製作】スティーヴン・スピルバーグ/ルーシー・フィッシャー/ダグラス・ウィック
【製作総指揮】ゲイリー・バーバー/ロジャー・バーンバウム
       ボビー・コーエン/パトリシア・ウィッチャー
【原作】アーサー・ゴールデン『さゆり』
【脚本】ロビン・スウィコード/ダグ・ライト
【衣装デザイン】コリーン・アトウッド
【音楽】ジョン・ウィリアムズ
【主な出演】
  チャン・ツィイー:さゆり(千代)
  渡辺謙:会長
  ミシェル・ヨー:豆葉
  役所広司:延
  桃井かおり:おかあさん
  コン・リー:初桃
  工藤夕貴:おカボ
  大後寿々花:千代(さゆりの少女時代)
【公式サイト】http://www.movies.co.jp/sayuri/
posted by レオン at 20:14 | Comment(0) | TrackBack(3) | 【洋画さ行】

【サハラ 死の砂漠を脱出せよ】(2005) 「気楽に楽しめるバディムービー」


【キーワード】
『冒険』 『名コンビ? 迷コンビ??』
■幻の財宝。手掛かりは一枚の金貨。

【評価】★★★=2点 ☆=1点)
サハラ 死の砂漠を脱出せよ
米国特殊期間NUMA(国立海中海洋機関)のエージェント、ダーク・ピット。
彼は1枚の金貨により南北戦争時に姿を消した甲鉄艦テキサスを
見つける手がかりになると確信した。
一方、WHO(世界保健機関)の女性研究医エヴァは、
謎の病原体の感染源がマリにあると判断し、調査に向かう。
目的地が一緒となったダークとエヴァは共にマリへ向かう。


まったく期待していなかっただけに、意外なほどに笑わせてくれたのには驚き。
おかげで評価がちょっと高くなりました。
ほんとに気楽に楽しめる作品です。


印象的なところは・・・。ぴかぴか(新しい)
●”パナマ”作戦。
※なんですか”パナマ”って?と思ったら、やってくれましたねー。
 思わず爆笑exclamation×2わーい(嬉しい顔)
※提督にはちょっぴり同情しちゃいます。ふらふら
●車の荷台からの脱出シーン。
※とんでもない脱出方法に、思わず爆笑。わーい(嬉しい顔)
●列車進入シーン。
※きちんとお座りしている3匹のラクダに笑えました。わーい(嬉しい顔)

残念なところは・・・。むかっ(怒り)
●イヴがなんでエヴァが死んだと嘘ついて、軟禁状態にしたのか?
※単なる彼女が好みだったから、独占したくなっちゃったのでしょうか??
 正直言って、意味がわかりません。
●お宝探しを感じれなかったのが残念。ふらふら


とにかくダークとアルのコンビが最高ですexclamation
ピンチさえもどこか楽しんでいるようなナイスコンビでした。
二人のトークも心地よい軽快なテンポで、楽しめました。
この作品って、てっきりダークとエヴァの二人の冒険映画だと思っていただけに、
このアルという存在は、意外な伏兵でした。
おかげでダーク&アルコンビの印象が強くって、ダーク&エヴァの印象が薄すぎます。


主人公のダーク・ビットを演じたマシュー・マコノヒーには驚かされました。
私の中での彼のイメージがどうしてもドラマ・ラブコメ系だったものですから、
今作品でのこのアクションぶりは何ですかexclamation&question
おいおい、強いし、タフだし、カッコいいじゃないですか。

そしてセクシ〜ハートたち(複数ハート)ペネロペ・クルス演じるエヴァ。
エヴァにはもっと切羽詰ったストーリーが欲しかったなー。
ペネロペのセクシーシーンに期待したのに「まったくないなー」って思っていたら、
ナイス監督exclamation 見事に無意味なまでの水着ショットをラストに持ってきてくれました。


個人的に提督が気に入っています。
電話を無視されて怒っているところなんか、もう爆笑。わーい(嬉しい顔)
アルもお気に入り。
彼があんなにも帽子を意識しているのかが、よくわからなかったけど笑えた。


ストーリーは程よいテンポで、十分楽しめました。
最初はダークとエヴァの目的の違いをどのように持っていくのかと思いましたが、
見事に目的合致させてくれましたね。
最後には人種を超えた大きな友情で大団円・・・、まさに王道。
ラストエピソードもちゃんと描いているところは◎。
だって最後にCIAのおっちゃんにもおいしい役を持ってきてるのだからね。


この作品は果たして続編があるのでしょうか?
あったとしてもペネロペ・クルスの出演はないのかなー・・・、ないんだろうな。
まー、とにかく続編が出たらぜひ観てみたいですね。

【上映時間】124 分
【製作国】アメリカ
【主な出演】
  マシュー・マコノヒー:ダーク・ピット
  ペネロペ・クルス:エヴァ・ロハス医師
  スティーヴ・ザーン:アル・ジョルディーノ
  ランベール・ウィルソン:イヴ・マサード
  レイン・ウィルソン:ルディ・ガン
  グリン・ターマン:フランク・ホッパー
  ウィリアム・H・メイシー:サンデッカー提督
【監督】ブレック・アイズナー
【製作】ステファニー・オースティン/ハワード・ボールドウィン
    カレン・エリス・ボールドウィン/メイス・ニューフェルド
【製作総指揮】ヴィッキー・ディー・ロック/マシュー・マコノヒー
       ウィリアム・J・イマーマン/ガス・ガストーズ
【原作】クライヴ・カッスラー『死のサハラを脱出せよ』
【脚本】トーマス・ディーン・ドネリー/ジョシュア・オッペンハイマー
    ジョン・C・リチャーズ/ジェームズ・V・ハート
【衣装】アンナ・シェパード
【音楽】クリント・マンセル
【公式サイト】http://www.sahara-movie.jp/
posted by レオン at 19:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【洋画さ行】

2006年01月14日

【スウィート・ノベンバー】(2001)「サラのその後が気になります」


【キーワード】
『切なさが心に染みる』 『哀しい恋愛』 『病気』
■一生に、たった一度の本物の恋
■11月は「運命の恋」の月。

【評価】★★★☆=2点 ☆=1点)
スウィート・ノベンバー
エリートサラリーマンのネルソンは、10月の終わりにサラという女性と出会う。
仕事人間のネルソンにサラはあなたを幸せにしてあげると言い、
1ヶ月限定の恋人になることを持ちかける。
そんなサラに振りまわされつつも、次第に変化を見せていくネルソン。
しかしサラには隠された真実があった・・・。


え〜、前半だけの評価なら★★って感じだけど、
後半だけで★★★☆になっちゃいました。
だって切ないんだもの。


印象的なところは・・・。ぴかぴか(新しい)
●部屋中に散りばめられた11月のカレンダー。
※ネルソンの頑張りに拍手るんるん
●海辺で犬とたわむれるサラ。
※無邪気なサラも可愛いのですが、転がる犬がメッチャ可愛い揺れるハート
●目隠し鬼ごっこでの別れ方。
※手を伸ばした先に触れるはずのサラがいなかったのが、とても辛すぎます。ふらふら
●携帯や腕時計を水の中に入れて告白するネルソン。
※ネルソンはカッコよく、苦しむサラの表情が胸を締め付けました。ふらふら
●感謝祭の料理を準備するサラとチャズ。
※「愛してくれる人にはそばにいてもらうべきだ、最後の最後まで」というチャズの台詞が、
 すごく心に染み込んできました。わーい(嬉しい顔)
※サラの意思を尊重しつつも、そっとアドバイスするチャズの優しさがいいですね。
●サラへの”12の贈り物”
※どれも素敵でしたが、市電の切符100枚がいいですね。
 「楽しい旅がずっと続くように」という台詞が好きでした。わーい(嬉しい顔)

残念なところは・・・。むかっ(怒り)
●雨雨のシーン。
※このシーンはちょっと早すぎたような気がします。
 どうせなら上手く過ごしていた頃に些細なきっかけで関係が解消しそうになった展開で、
 この雨のシーンがあったらいいのに、たいした関係にもなっていないのに
 いきなりですか?って感じです。
●ラストの終わり方がちょっぴり納得いかないな。
※まだ続くと思っていただけに、消化不良状態でした。
●ネルソンの歌。
※確かに素敵なんですが・・・、別になくてもよかったような(笑)わーい(嬉しい顔)


前半はとにかく、なんでサラとネルソンの不思議な関係が始まったのか理解できませんでした。
でもサラの病気が判明してからは、それまでの彼女の行動や考えが逆に痛々しく
そして最期まで自分らしく生きようとする彼女の強い意志に拍手を送りたくなりました。


サラやネルソンですが、最初はどっちのキャラも好きではありませんでした。
だけど次第に変化していくネルソンの姿により共感を持ち、
サラの隠された真実ゆえの行動に哀しくなりました。
個人的にはサラとチャズの友情が素敵です。
サラの気持ちをきちんと理解してあげて、そっと支えてあげるチャズはカッコイイ〜。


ネルソンの2度目の告白が大好きです。
「毎月が11月だよ」
素敵ですexclamation イイこと言うねexclamation×2 ネルソンの愛黒ハートを感じてしまいました〜。

キーワードは”目隠し鬼ごっこ”。
2度にわたるこのシーンが、ラストをより切なくさせてくれました。
ここにその目隠しを持ってきますか!って感じでやられましたねー。
マフラーで目を隠すしぐさに、胸が締めつけられちゃいます。もうやだ〜(悲しい顔)

こんなにもやるせない気持ちで終わったのは久しぶりです。
最初は「えっ!?これでおわり???」って思ってしまいました。
だけど改めて振り返ってみるとすごく考えさせらてしまう、ある意味見事な幕引きのようにも思えます。

サラというキャラに最初は圧倒されまくりでした。
確かにカンニングと勘違いされて免許更新がダメになったのはかわいそうだったけど、
だけどいきなりネルソンのところに押しかけて、犬泥棒?のお手伝いさせちゃうんですからね。
そしてあのラストシーン・・・。
最初と最後でこんなにも180度印象が変わったのは、初めてかもしれません。
を頑なに守り、意志を貫いたサラはとても強く素敵だと思います。
そして、そんなサラを演じたシャーリーズ・セロンの演技はやっぱり良いですね。

【上映時間】120 分
【製作国】アメリカ
【主な出演】
  キアヌ・リーヴス:ネルソン
  シャーリーズ・セロン:サラ
  ジェイソン・アイザックス:チャズ
  グレッグ・ジャーマン:ヴィンス
【監督】パット・オコナー
【製作】エリオット・カストナー/スティーヴン・ルーサー
    デボラ・ストフ/アーウィン・ストフ 
【製作総指揮】ウェンディ・ワンダーマン
【原案】ポール・ユーリック/カート・ヴォルカー
【脚本】カート・ヴォルカー
【オリジナル脚本】ハーマン・ローチャー
【音楽】クリストファー・ヤング
【主題歌】エンヤ
posted by レオン at 03:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【洋画さ行】

2006年01月02日

【クリスティーナの好きなこと】(2002)『キュートなC・ディアスがいいね♪」


【キーワード】
『友情という絆』 『楽しい恋愛』 『キャメロン・ディアス』

【評価】★☆=2点 ☆=1点)
クリスティーナの好きなこと
28歳のクリスティーナは親友のコートニー&ジェーンと共に、
楽しく弾けながら気軽な恋愛を楽しんでいた。
だけど本当は本気で恋して傷つくのが怖いという気持ちを持っていた。
そんなある日フラれたジェーンを慰めようとしたしたきっかけで、ピーターに出会ってしまう。
夢の中でピーターの凄さを感じたクリスティーナはコートニーと一緒に、
彼に想いを伝えるために爆走するのでした。
笑えるエロさ爆発のドタバタラブコメディな物語。


ハッキリ言ってキャメロン・ディアス目的で観ました。(笑)わーい(嬉しい顔)
ストーリーがしょうもない感じがしていたのでずーっと観てませんでしたが、
やっぱりストーリーはしょうもなかったです。(笑)わーい(嬉しい顔)

印象的なところは・・・。ぴかぴか(新しい)
●クリスティーナ×ピーターのキスシーン。
※愛が成立したと思ったら、あの「イマイチ」のセリフにはやられました。
 ピーターがかわいそうだよね。ふらふら
●公衆便所シーン。
※爆笑しまくりるんるん
※吹っ飛ぶコートニーに大ウケるんるん
●ピーターが花束持って再登場。
※諦めないピーターがGOODexclamation
※花束を急いで買っている姿を想像しちゃいました。
●階段から落下する着ぐるみ。
※個人的にあの落ち方がツボに入りました。
●ピーターの結婚相手の父親がするピーターへの怒りのタックル。
※ナイスタックルexclamation×2
 1回目のタックルどんっ(衝撃)でも笑えたのに、2回目のタックルどんっ(衝撃)にはトドメを刺されましたね〜。
 私もこの父親の立場なら、こんなタックルしてやりたいのもわかります。

残念なところは・・・。むかっ(怒り)
●ペ○スソングはやりすぎのようで興ざめ。がく〜(落胆した顔)
●ジェーンがクリスティーナの恋愛にイマイチ絡んでいないのが残念。
●ラストカットの写真カメラはもっとアップで終わってほしかったー。


とにかくキャメロン・ディアスの弾けかたが最高exclamation
ハリウッドトップ女優の1人とは思えないですね。
あそこまでやってくれたら、逆に清々しく思えました。
彼女はセクシーなんですが、コメディタッチのエロさが似合ってます。
こんなに弾けてエロチックな彼女も久しぶり。
なんか『メリーに首ったけ』をまた観たくなってきました。
彼女の原点のひとつですからね。


ストーリー的には期待していなかったので、まあこんなものでしょう。
キスがイマイチ”で終わっていたら、どうなっていたのでしょうかね。
※それならそれで面白かったかも・・・(笑)
まあハッピー・エンドで良かったです。

キャメロン・ディアスの魅力の一部を満喫できる作品のひとつでしょう。

【上映時間】84 分
【製作国】アメリカ
【出演】
  キャメロン・ディアス:クリスティーナ・ウォルターズ
  クリスティナ・アップルゲイト:コートニー・ロックリフ
  セルマ・ブレア:ジェーン・バーンズ
  トーマス・ジェーン:ピーター・ドナヒュー
  ジェイソン・ベイトマン:ロジャー・ドナヒュー
  パーカー・ポージー:ジュディ
【監督】ロジャー・カンブル
【製作】キャシー・コンラッド
【製作総指揮】スチュアート・M・ベッサー/リッキー・ストラウス
【脚本】ナンシー・M・ピメンタル
【音楽】エド・シェアマー
【公式サイト】http://www.sonypictures.jp/archive/movie/christina/
posted by レオン at 16:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【洋画か行】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。