2006年06月25日

【あらしのよるに】(2005)「号泣確実」


【キーワード】
『友情という絆』 『切なさが心に染みる』 『舞台は大自然』 『鳥・魚・動物・その他』

■それでも ずっと ずっと
 いっしょでやんす。

【評価】★★★☆=2点 ☆=1点)
あらしのよるに
ある嵐の夜、山小屋に避難したヤギオのメイだったがそこへもう一匹が避難してきた。
暗闇の中で互いの姿が見えないのだが、2匹は次第に仲良くなっていく。
そして”あらしのよるに”を合い言葉に、翌日の再会を約束する。
ところがその合い言葉を言ってメイの前に現れたのはオオカミのガブだった。


某TVで特集していたのを見てウルウルしてしまい、観てみました。
観て正解exclamation×2
決して超えることのできない種族の壁を乗り越えた友情!
生きてほしいという想い・・・。
二匹の言葉、その姿に感動しましたねーもうやだ〜(悲しい顔)


印象的なところ・・・。ぴかぴか(新しい)
●最後の戦いを前に吼えるガブ。
※心の奥まで響いてきて、魂を揺さぶりましたexclamation×2
●雪山で餌になろうとするメイ。
※哀しすぎる選択に号泣もうやだ〜(悲しい顔)
●失った記憶がフラッシュバックで甦るガブ。
※私の脳裏にもフラッシュバック発生exclamation
●2人で見上げる満月。
※大きな大きな満月が素敵です。
●オオカミ同士の戦い。
※無駄な日本語台詞を省いたのが、このシーンをよりカッコよくしましたねわーい(嬉しい顔)

残念なところは・・・。むかっ(怒り)
●濁流はもっと激しく描いてほしかった。
●記憶の甦った後のガブには、涙を流してメイを見つめてほしかった。
●ミイにはもう少し活躍してほしかったなー。


2人の育まれていく友情にひたすら温かな気持ちになりました。
オオカミヤギ
喰うもの喰われるもの同士の宿命。
生まれた場所も育った環境も違うけど、生きる世界は一緒だと感じました。
決して超えることのできない種族の壁を乗り越えた奇跡。
その奇跡を起こしたのは友情でした。
食欲に揺れながらも必死に絆を大切にするオオカミのガブ。
そんなガブを純粋に信じるヤギのメイ。
2人の出会いは大嵐の夜だった。
そして2人が改めて再会する際に決めた合い言葉は”あらしのよるに
合い言葉と同時に互いの顔を見た2匹のなんとも言えない空気が笑えましたわーい(嬉しい顔)


友情の絆が強くなっていくのに、遂に互いの仲間にばれてしまった。
も〜ドキドキしましたがく〜(落胆した顔)
交換条件を提示され、嵐の中で再会したガブとメイ。
本当の友情を選んだガブとメイに感涙もうやだ〜(悲しい顔)
そして濁流に飛び込む瞬間は拍手でしたね。


雪山で遭難しかけて死にそうになったメイに、
おいらを一人にしないでくれ・・・」と切実につぶやくガブにはやられましたふらふら
雪山感動劇場の始まりです。
メイ「私の分まで生きて・・・
メイ「あるじゃないですか、ここに・・・
ガブ「鳴るな、鳴るなよ
ガブ「なんでおいら、オオカミなんかに生まれてきちまったんだよーー

ピックアップするとキリがありませんね(笑)わーい(嬉しい顔)
それだけこの雪山のシーンはどの台詞も私の心に染みこんできて、
そしてひたすら涙を流させてくれましたもうやだ〜(悲しい顔)
ちくしょ〜」と涙するガブに・・・、そんなガブに優しく微笑むメイに・・・。
とにかく号泣もうやだ〜(悲しい顔)
2人の言葉が、涙が・・・、ひたすら私に涙を流させましたもうやだ〜(悲しい顔)



人は人生の中で”命をかけてもいい友達”に出会えるのでしょうか?
たとえ種族は違えども、そんな相手に出会えたメイとガブが輝いていましたぴかぴか(新しい)


個人的にこの作品をさらに評価UPさせたのは、ガブが単身戦いを挑むシーンでした。
雪山感動劇場でメイのガブに対する想いが痛いほど伝わってきました。
そしてこの後のガブの遠吠えとアクションパンチに、
ガブのメイに対する想いが苦しいほどに伝わってきました。
このガブの遠吠えがもうとにかくカッコイイexclamation×2
お、男でやんす」と思っちゃいましたね(笑)わーい(嬉しい顔)



生き残りついに雪山を越えたメイだったが、となりにガブの姿はない・・・。
遂に力尽きるメイ
正直、このまま悲しみの中でエンディングかと思ってしまいました。
(※す、救いがねぇ〜)がく〜(落胆した顔)
と思ったらガブの姿が・・・。
神様ありがとう」と思ったら、記憶喪失・・・。
(さらに救いがねぇ〜)がく〜(落胆した顔)
神様、あんたひどすぎるよ」と思っちゃいましたね。
そんなガブとメイに奇跡を起こしたのは、そう”あらしのよるに”の合い言葉。
2人が出合ったあの合言葉をここで使わせたのは、ナイスでやんす(笑)わーい(嬉しい顔)



最後にやっと2人で見れた大きな大きな満月・・・。
でっかいでっかい満月がとても素敵でしたね。
ずっと、一緒っす
うんうん、これからも困難はあると思うけど、頑張れexclamation×2


絵本にはこんなにもすばらしい作品があるんですよね。
シンプルだけど絵本って奥深いですよ。
動物っていうとディズニーってイメージが強いのですが、こんな作品も日本で作れるのですから、
今後はもっともっと精力的に映像化してほしいですよね。

【上映時間】107 分
【製作国】日本
【主な声の出演】
  中村獅童:ガブ
  成宮寛貴:メイ
  竹内力:ギロ
  山寺宏一:バリー
  9代目林家正蔵:タプ
  KABA.ちゃん:ヤギのおばさん
  板東英二:ヤギの一族の長老
  柳原哲也:ビッチアメリカザリガニ)
  平井善之:ザク(アメリカザリガニ)
  小林麻耶:ミイ
  早見優:ガブの母
  市原悦子:メイのおばあちゃん
【監督】杉井ギサブロー
【製作】近藤邦勝
【原作】きむらゆういち
【脚本】きむらゆういち
【演出脚本】杉井ギサブロー
【音楽】篠原敬介
【主題歌】aiko:『スター』
【キャラクターデザイン】江口摩吏介

【公式サイト】http://arayoru.com/
posted by レオン at 09:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【アニメ】

2006年06月17日

【亡国のイージス】(2005)「良い役者が揃っているのですが・・・」


【キーワード】
『舞台は海』

■生きろ。絶対に生きろ。

■未来は渡さない。

【評価】★★=2点 ☆=1点)
亡国のイージス
東京湾沖で訓練中のイージス艦”いそかぜ”は、
副長の宮津と某国対日工作員ヨンファによって乗っ取られた。
そして宮津は政府に対し、ミサイルの照準を東京・首都圏内に合わせたことを宣言した。
そのミサイルの弾頭には、わずか1リットルで東京を壊滅させる
特殊兵器グソーが搭載されていた。
そんな中、”いそかぜ”の先任伍長の千石は艦を取り戻すために動き出した。


一時期話題となっていた福井晴敏ブーム。
原作未読なので、”過去のローレライ”と”現代のイージス”っていう
単純な印象しかありませんでした。

『ローレライ』の方はすでに観ていて、こんなものかと思いました。
今回の『亡国のイージス』も出演者の豪華さに期待していたのですが、
やっぱりこんなものかと思ってしまいましたね。


印象的なところは・・・。ぴかぴか(新しい)
●水中で起爆させる千石。
※なんか好きです(笑)わーい(嬉しい顔)
●《うらかぜ》撃墜どんっ(衝撃)シーン。
※なかなかの迫力でしたね。
●《うらかぜ》撃墜後の溝口の日本に対する台詞。
※緊迫感のある良い台詞でした。

残念なところは・・・。むかっ(怒り)
●少女テロリストの存在を活かしきれていない。
●イージス艦を活かしきれていない。
●千石にいる娘の存在を活かしきれていない。


真田広之寺尾聰佐藤浩市中井貴一という現在の邦画を支える
演技派俳優4人の共演という魅力もありました。
そして久々の真田アクションにも期待していた。
がしかし、やはり日本・・・、がっかりでした。
原作はきっと”凄い”と感じさせる出来なのだと思いますが、
映画のほうはひどい有様ですねふらふら
説明不足のシーン、緊張感や緊迫感の物足りなさ、中途半端なアクションに人間ドラマ・・・。
ハッキリ言って韓国が作成したほうがきっと良質の作品ができたと思います。
今作はアクションやサスペンス、人間ドラマと様々な要素がありますが、
どうも日本は複数のテーマだとどうしても中途半端な作品ができてしまう印象を受けました。
この作品も人間ドラマとアクションに比重を大きくしていれば感動作品ができていたと思います。

後半で次々と死んでいくシーンや撃たれる如月、宮津副長の最期の決断などなど、
感動が込み上げてきそうなシーンはいくつかありましたが、
何も感動できないところが、しょせん作成した日本の限界なのでしょうか??

イージス艦のすごさもイマイチ感じられず、
舞台がイージス艦という部分にもっと力を入れてほしかった。
たとえば最強の防空能力のイージス艦にダメもとで空中攻撃をして、
それに対し迫力の防空シーンをイージス艦が魅せてくれるなんてシーンでも
あったら良かったのにね。

少女のテロリストがいたのですが、如月とのドラマや謎の水中キスシーンなど、
意味深だったのにもかかわらずアッサリ退場。
すごく期待していたキャラだっただけにがっかりでしたねちっ(怒った顔)

よくみろ日本人、これが戦争だ・・・」と言う溝口の台詞が印象的でしたねー。
この台詞を語る中井貴一もカッコいいんだよね〜わーい(嬉しい顔)
実戦を理解していない」という台詞に対して、
人間を理解していない」という台詞はカッコよかったぞ。

テロリスト集団も内部分裂していきましたが、これもイマイチな感じ。
宮津副長に賛同した部下達のストーリーや、ヨンファの過去のストーリーでもあったら、
もっと感情移入できたのにね。

ちなみに一人の学生が綴った論文1つでここまで大騒ぎになるのかという疑問が残りました。


ストーリーを活かしきれなかったこの作品ですが、
やはり主役級の4人の共演が最大の魅力でしたね。
真田広之の久々のアクション作品だったんですけどね・・・。
演じた千石ですが、娘を守るという強い想いを描いてほしかった。
寺尾聰は最近だと静かなる悪役の印象が多いですね(笑)わーい(嬉しい顔)
最後には良い奴って印象を残すんだけどね。
演じた宮津副長にも、家族を失った哀しみと残してしまう妻への想いなども描いてほしかった。
佐藤浩市はイマイチ活躍がなかったのが残念です。
演じた渥美には、裏側から様々な戦略で千石&如月をフォローさせてほしかった。
中井貴一は良い味だしてます。
演じたヨンファ(溝口)ですが、部下に肩を貸すシーンは意外でしたね。
女テロリストとの物語が描かれていてほしかった。
勝地涼は、イマイチ演技力不足でしたがまあ頑張ったんじゃないですか?
演じた如月ですが、過去の苦悩を描ききれていないのが残念。
それにしても千石に言われたからといって自分が撃たれるのはアホとしか言えないだろう。

ある意味美味しいシーンを持っていったのは谷原章介でしょうか。
見事なダイビングキャッチでしたからね。
死に様はマヌケだし、色々とツッコミしたくなるシーンでしたけど(笑)わーい(嬉しい顔)
また真木蔵人もパイロット姿がカッコよく、美味しい役だと思いました。
ちなみに安藤政信や松岡俊介の存在は気づきませんでした(笑)わーい(嬉しい顔)
ラストで墓参りする宮津副長の妻に原田美枝子が出てきたのにビックリ。
わずかなシーンでしたが、彼女も美味しい所を持っていっちゃいましたね。


たぶんこの作品は、一つ一つのシーンだけだったら感動できる良質な作品だと思えます。
その良質のシーンを上手く1つにまとめられなかったのが残念でしたね。

【上映時間】127 分
【製作国】日本
【主な出演】
  真田広之:《いそかぜ》先任伍長・仙石恒史
  寺尾聰:《いそかぜ》副長・宮津弘隆2等海佐
  佐藤浩市:DAIS内事本部長・渥美大輔
  中井貴一:FTG・溝口哲也3等海佐/ヨンファ
  勝地涼:《いそかぜ》1等海士・如月 行
  チェ・ミンソ:ジョンヒ
  吉田栄作:《いそかぜ》船務長・竹中 勇3等海佐
  谷原章介:《いそかぜ》水雷士・風間雄大3等海尉
  豊原功補:《いそかぜ》砲雷長・杉浦丈司3等海佐
  安藤政信:FTG・山崎謙二2等海尉/ドンチョル
  真木蔵人:第204飛行隊・宗像良昭1等空尉
  松岡俊介:DAIS局員・小林政彦
  岸部一徳:内閣情報官・瀬戸和馬
  原田美枝子:宮津芳恵
  原田芳雄:内閣総理大臣・梶本幸一郎
【監督】阪本順治
【製作】坂上直行/久松猛朗/千野毅彦/住田良能
【原作】福井晴敏『亡国のイージス』
【脚本】長谷川康夫/飯田健三郎
【音楽】トレヴァー・ジョーンズ
【公式サイト】http://aegis.goo.ne.jp/
posted by レオン at 11:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【邦画】

2006年06月12日

【トランスポーター】(2002)「カッコイイ〜♪♪」


【キーワード】
『リュック・ベッソン』 『自動車』 『その肉体が武器!』
『疾走! 爆走! スピード体験』 『渋い男の魅力』

■プロの運び屋、依頼品はいつもワケあり。

【評価】★★★☆=2点 ☆=1点)
トランスポーター

南仏に暮らすイタリア人のフランクは元軍人のプロの運び屋。
自分自身に3つのルール『“契約厳守”“名前は聞かない”“依頼品は開けない”』を課し、
どんな依頼品でも正確無比で目的地まで運ぶ。
そんなある日の依頼で、依頼品に不審を感じたフランクはルールを破ってしまった。
バッグの中身は中国人美女のライ。
彼女との出会いのせいか、それともルールを破った罰なのか、
フランクの日常がいつもと変わりはじめてしまう・・・。


リュック・ベッソン
発の新たなるNEWヒーローは”運び屋”。
今度”2”を観に行くための復習感覚で、再度”1”を見直しました。
はじめて”1”を観た時は、主演のジェイソン・ステイサムのカッコよさに惚れ惚れしちゃいました。
正確には2回目なのですが、初見で感じたことを綴りたいと思います。


印象的なところは・・・。ぴかぴか(新しい)
●敵の館のドアを飛び蹴りで吹っ飛ばすフランク。
※豪快な入室方法に大爆笑るんるん
●格闘パンチシーンでのフランクの構え。
※あの体格にあのゴツイ顔であの構えは、カッコよすぎますよ。
●オープニングの最初の仕事っぷり。
※縦横無尽に駆け巡るダッシュ(走り出すさま)ドライビングテクニックがイケてます。
●バスの中でのナイフ格闘シーン。
※要所要所でのナイフぴかぴか(新しい)の使い方がいいですね。


残念なところは・・・。むかっ(怒り)
●”運び屋”としてのドライビングテクニックが、前半でしか堪能できなかった。
●”元軍人”なんだから、敵地に忍び込んだらもっとスマートに敵を倒してほしかった。
●フランクとライがそういう関係に展開する必要性をイマイチ感じなかった。
●フランクの目的にイマイチ感情移入できない。
※ライを助けるとか家をブッ飛ばされた仕返しとかにしたほうがスッキリしたのに。
●フランクの家をミサイル襲撃は豪快すぎないかい(笑)


とにかく”運び屋”フランクのキャラと、それを演じたジェイソン・ステイサムの魅力に尽きますね。
タフクールセクシー(笑)なヒーローの誕生ですわーい(嬉しい顔)
常に3つのルール『”契約厳守”“名前は聞かない”“依頼品は開けない”』を
厳守するフランクはカッコよすぎます。
そしてそのルールを破ってしまった後の後悔する姿も可愛すぎ。
クールなプロなのにどこか徹しきれないシーンが随所にありますが、
そこも彼の優しさを感じる魅力の1つですよね。
クールに仕事をこなしたと思ったら、いきなり愛車の爆発。
展開が動き出したと思ったらいきなり敵地に殴りこみ・・・、しかも飛び蹴りで(笑)わーい(嬉しい顔)
ご、豪快ですexclamation×2
スマートかつ繊細なテクニックで愛車を運転していたフランクの姿からは想像できない・・・、
いやあの体格から見たら想像できるか(笑)わーい(嬉しい顔)
とにかく、スマートな仕事っぷりとは正反対な豪快な殴り込みに一気に彼に惚れちゃいましたね。
しかも強いexclamation×2
さすが元軍人ってところでしょうか(笑)わーい(嬉しい顔)
でも彼のアクションシーンは似合いすぎて、あまりのカッコよさにファンになっちゃいましたよ。
今後も彼にはアクション作品に出演してもらいたいものですね。
車も似合うし、ナイフや握りこぶしや蹴りも似合う良い役者ですよ。


そんな彼のトラブルメーカーには、人身売買をする悪役の一人娘ライ
そのライを演じるのはスー・チー
相変わらずの魅力全快なお口してますね(笑)
妙なセクシーさというか、フェロモン全快な雰囲気ですよね。
警部が朝食時のフランク&ライの元に来た際にフランクにした笑顔がすっごくキュートるんるん
個人的にあの笑顔にイチコロされちゃいました(笑)わーい(嬉しい顔)


タルコーニ警部も魅力的でしたね。
なんとも言えないあの独特の雰囲気は素敵でした。
捕まったフランクとの取引シーンなんかも良かったー。

敵のボスはイイ味出してたのですが、なんか活かしきれていない感じで残念。


良いキャラばかりだっただけに、ストーリー展開にちょっぴり残念。
”運び屋”としての魅力、スーパードライビングテクニックが前半だけなので物足りません。
だって中盤からはフランクの格闘シーンに比重が偏りすぎです。
彼の格闘シーンも確かに良いですが、やはり彼の魅力はそのドライビングテクニックでしょう。
おまけに彼のスーツ姿皮手袋もカッコよかったのに、そのお姿も前半だけ。
後半はほとんど上半身裸がメインになってましたからね。

どうせなら後半の重要なシーンではやはり彼には車に乗せてほしかったですよね。
ダークスーツ姿に皮手袋装着、ミュージックスタート、愛車に火を入れる。
オープニングで魅せた彼の仕事のスタートシーンを、
後半のクライマックスでもう一度してほしかった。
このシーンをもう一度やることによって、「さあ、仕切りなおしだ!」って一区切りできたのにね。

あとライがフランクの自宅で見つけた軍人時代のアイテム。
このシーンも活かしてほしかったよね。
過去を語るシーンなんかあったら良かったかも。


とにかくこの作品は、ストーリよりも断然キャラと役者で評価UPです!


とまあ、『トランスポーター』の魅力に虜となった私でしたが、当時はやはり続編に期待もしました。
でもなかなか良い作品ほど続編ができないこのご時勢。
ほとんどあきらめていたら、2006年についに待望の『トランスポーター2exclamation×2
メッチャ楽しみです。

【上映時間】93 分
【製作国】アメリカ/フランス
【主な出演】
  ジェイソン・ステイサム:フランク・マーティン
  スー・チー:ライ
  マット・シュルツ:ウォール・ストリート
  フランソワ・ベルレアン:タルコーニ警部
【監督】ルイ・レテリエ/コリー・ユン
【製作】リュック・ベッソン/スティーヴ・チャスマン
【脚本】リュック・ベッソン/ロバート・マーク・ケイメン
【音楽】スタンリー・クラーク
【公式サイト】http://www.transporter.jp/
posted by レオン at 11:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【洋画た行】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。