2006年02月19日

【アイランド】(2005)「もしも自分がオリジナルでなかったら・・・」


【キーワード】
『純粋な恋愛』

■生きのびろ、
 地上でもっともピュアな魂。

■生命がオーダーメイドされる場所。

【評価】★★☆=2点 ☆=1点)
アイランド
大気汚染の外界から守られ生活するリンカーン達。
地上最後の楽園”アイランド”へ行くことが彼らの夢だった。
しかしリンカーンは生活していく中である疑問が出てくる。
そして”アイランド行き”の真実を知ったリンカーンは、ジョーダンを連れて逃亡する。


もしも自分がオリジナルではないクローンだとしたら・・・。
そんなクローンが真実に気づき、生きようとする物語。
クローンということはオリジナルもいるし、オリジナルと一緒に生きることはできないし、
ラストはどうなるのだろうとワクワクしちゃいました。


印象的なところは・・・。ぴかぴか(新しい)
●トラックから落下する荷物。
※ド迫力exclamation×2 ゲーム感覚な映像ですが、メッチャ楽しめました。
●ジョーダンとリンカーンのキス揺れるハート
※最初のキスと最後のキスがお気に入り。
●エアバイクでの疾走ダッシュ(走り出すさま)
※メッチャかっこいいexclamation そのスピード感が良かった。
●キスするモニターを見るジョーダン。
※このシーンがあったからこそ、リンカーンとジョーダンのキスシーンが崇高な感じがしました
●進化した”XBOX”。
※あのゲームはやってみたいるんるん

残念なところは・・・。むかっ(怒り)
●リンカーンとジョーダンのH。
※キスでストップしていたほうが良かったと思える。
●看板と一緒に落下するリンカーンとジョーダン。
※どうしてあの高所から落下して生きているのですか?
●エアバイクや空飛ぶ列車など科学が発達しているのに、
 車輪のある車も普通にあるのに違和感ありすぎ。
●ラストカットのボート。
※主役二人のカットのないこのシーンは、ハッキリ言って無駄だろう。


クローンの存在を考えると悩ませてくれるストーリーです。
クローンを作ってまで長生きしたいと思う人間とそれによって誕生させられたコピー
ほとんどあらすじを知らないで観たので、前半はとにかくその世界観に慣れるのが大変。
もっとドラマチックなお話かと思っていたら、中盤のアクションから手に汗握ってしまいました。
ストーリー的にはあと一歩って感じでしたが、予想外のアクションの出来栄えに
評価も上がります。
そのアクションの魅せ方はやっぱりマイケル・ベイ監督の手腕でしょうか。

リンカーンがオリジナルと出会って、オリジナルがそんなに簡単に協力するのかと
思っていましたが、案の定な展開でしたね。
見破ったジョーダンに拍手るんるん


キャラですがマッコードとロレントがお気に入りでした。
マッコードを演じたスティーヴ・ブシェミが味のある演技をしてくれてますね。
嫌々言いつつもリンカーンたちの協力をするマッコードが好きになりかけていたのに、
あんなふうに殺された瞬間はすごく悲しかったです。もうやだ〜(悲しい顔)
”1つだけの心理”として「女にクレジットカードを持たせるな」という台詞には笑えました。わーい(嬉しい顔)
ロレントはカッコいいですよね。
悪い人物には思えず、だけど仕事としてリンカーンたちを追い詰めていくのですが、
最後は美味しい役どころでした。
ロレントが”焼き印”のことを語るシーンなんか、心情を考えると辛かったです。ふらふら


どんなことをしても生きたい」と語るリンカーンの台詞が、真実のように感じました。
大勢のクローン達が暗い通路を駆けて外界に出るシーンがありますが、
光と影で上手に演出されていて、ジ〜ンとくるものがありましたね。


結局この大量のクローンはどうなるのだ?と気にもなってしまいますが、
それはまた別のお話で語ってもらいましょう。わーい(嬉しい顔)

【上映時間】136 分
【製作国】アメリカ
【主な出演】
  ユアン・マクレガー:リンカーン・6・エコー/トム・リンカーン
  スカーレット・ヨハンソン:ジョーダン・2・デルタ
  ジャイモン・フンスー:アルバート・ロレント
  スティーヴ・ブシェミ:マッコード
  ショーン・ビーン:メリック
  マイケル・クラーク・ダンカン:スタークウェザー
【監督】マイケル・ベイ
【製作】マイケル・ベイ/イアン・ブライス
    ローリー・マクドナルド/ウォルター・F・パークス
【原案】カスピアン・トレッドウェル=オーウェン
【脚本】カスピアン・トレッドウェル=オーウェン/アレックス・カーツマン
    /ロベルト・オーチー
【音楽】スティーヴ・ジャブロンスキー
【公式サイト】http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=3456
posted by レオン at 17:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【洋画あ行】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。