2006年05月09日

【イントゥ・ザ・ブルー】(2005)「カリブの海を満喫♪」


【キーワード】
『舞台は海』 

■カリブの海に沈んでいた、欲望とロマン

【評価】★★=2点 ☆=1点)
イントゥ・ザ・ブルー
カリブ海に浮かぶバハマでジャレッドはダイビング・インストラクターをしていた。
そんなある日、恋人のサムや友人と一緒にダイビング中に沈没船の一部を発見した。
その沈没船を引き上げようと思ったが、そのすぐそばには麻薬を積んだ密輸飛行機も墜落していた。
お宝を求めるジャレッドたちと麻薬の回収を急ぐ謎の男達の駆け引きが始まる。


カリブの海原で魅せてくれるポール・ウォーカーの肉体美とジェシカ・アルバのナイスバディ
でもただそれだけって感じでした・・・。

印象的なところ・・・。ぴかぴか(新しい)
●鮫に食い千切られたアマンダの足。
※一瞬でしたが妙なリアルさで怖かった〜がく〜(落胆した顔)
●カリブの海。
※素敵な海ですね〜ぴかぴか(新しい)

残念なところ・・・。むかっ(怒り)
●アマンダの死がアッサリしすぎ。
●オープニングの墜落シーンがイマイチわかりづらかった。


冒険、サスペンス、アクション・・・。
いくつもの要素が込められているのですが欲張りすぎな感じ。
ポール・ウォーカージェシカ・アルバのファンでなくちゃ納得できない作品です。
ストーリーがハッキリ言って軽すぎですね。
ハラハラ、ドキドキなどそんな感情がまったく湧いてこなかったです。

お宝探しに麻薬が絡んでってアイデアは良かったんですけどね。
個人的にはジャレッドとサムの恋愛やお宝探しに比重を置いてほしかった。

アクションもせっかくの海が舞台なのだから、
その舞台を活かしきったアクションを魅せてほしかったです。
サムが捕われた部分でずいぶんアッサリ(一部イタイ箇所がありましたが)と
脱出したなーって思いました。
そこはジャレッドが救出するんじゃないの??


でもでも、カリブのコバルトブルーの海は素敵でした。

【上映時間】111 分
【製作国】アメリカ
【主な出演】
  ポール・ウォーカー:ジャレッド
  ジェシカ・アルバ:サム
  スコット・カーン:ブライス
  アシュレイ・スコット:アマンダ
  ジョシュ・ブローリン:ベーツ
  ジェームズ・フレイン:レイエス
  タイソン・ベックフォード:プリモ
【監督】ジョン・ストックウェル
【製作】デヴィッド・ゼロン
【脚本】マット・ジョンソン
【音楽】ポール・ハスリンジャー
【公式サイト】http://www.foxjapan.com/movies/intotheblue/
posted by レオン at 21:47 | Comment(0) | TrackBack(2) | 【洋画あ行】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/17593318

イントゥ・ザ・ブルー
Excerpt: イントゥ・ザ・ブルー
Weblog: AML Amazon Link
Tracked: 2006-06-01 02:11

Thanks TB
Excerpt: Trackback ありがとうございます。またのTBをお待ちしています。
Weblog: AML Amazon Link
Tracked: 2006-06-02 20:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。