2006年05月25日

【あなたに降る夢】(1994)「温かな奇蹟です」


【キーワード】
『純粋な恋愛』 『実在、事実の物語』 『それは・・・、奇跡でした』 『in NY』

■星の数ほど夢がある。

【評価】★★★☆=2点 ☆=1点)
あなたに降る夢
NYで警官をしているチャーリーは優しく誠実でお人よしな性格。
NYでウェイトレスをしている夫のせいでカード破産してしまう不幸のどん底。
妻の言いつけで宝くじを買ったチャーリーは、
初対面のイボンヌにチップとして宝くじの半分を約束する。
400万ドルの宝くじが本当に当たったチャーリーは、
約束を守ってイボンヌに200万ドルを渡す。
しかしチャーリーの妻が離婚宣言したとたんに起こった裁判。
全てを失いつつも愛を見つけたチャーリーとイボンヌは、
本当の奇蹟に出会う・・・。


いやー、ニコラス・ケイジが若い(笑)わーい(嬉しい顔)
ブリジット・フォンダも素敵でしたねーぴかぴか(新しい)
赤いドレス姿がメッチャ素敵なんですよ。
女性は変身するなーって思いつつも、思わず見惚れちゃいましたね。
イボンヌの夫がなぜか頭が薄いのに爆笑しました。
やはり主演のニコラス・ケイジを意識したキャスティングだったのですかね(笑)わーい(嬉しい顔)


印象的なところ・・・。ぴかぴか(新しい)
●メガネチェーンのプレゼント。
※相手のことを考えた素敵なプレゼントぴかぴか(新しい)ですね。
●フェンス際のファインプレーの写真。
※これは野球好きの子供にとって、うれしいアイデアです。わーい(嬉しい顔)
●NYの人々からのチップ。
※メッチャ感動です。もうやだ〜(悲しい顔)

残念なところ・・・。むかっ(怒り)
●イボンヌと夫の物語がそれほど描かれていなかった。


それにしてもチャーリーは人が良すぎます。
ホントにお人よしにも限界があるだろうと思わずにいられないほど(笑)わーい(嬉しい顔)
どこの世界に200万ドルのチップを赤の他人にあげるのですか??
約束したとはいえ、信じられません。
でも、それがチャーリー・ラングなんでしょうね。

大金を手に入れて暴走するミュリエルにはウンザリしましたね。
高級ホテルでのチャーリーとイボンヌの再会は素敵でした。
バスローブのトークが恋愛スタートのきっかけなのは驚きましたが、上手いですね。
でも愛をつかんだと思ったとたんの裁判沙汰にハラハラふらふら
400万ドル全てを奪おうとするミュリエルが腹立たしく、
裁判の結果に期待しつつも陪審員の下した結論にガッカリがく〜(落胆した顔)
飛び出したイボンヌに心が痛かったです。もうやだ〜(悲しい顔)

遂に一文無しになったチャーリーとイボンヌ。
チャーリーの全てを奪ったと自分を責めるイボンヌがとても愛おしく、
そしてお金よりもイボンヌ自身を願ったチャーリーの告白にキュンとしました。
それまでに描かれたチャーリーのお人よしな行動&言動があったからこそ、
チャーリーの告白はとても誠実に受け止められましたね。
そして良い雰囲気の2人を邪魔するホームレスになぜこのタイミングで?と思ってしまいました。
そんなホームレスも優しく応対するイボンヌもお人よしですね。
このまま愛だけを持ってNYを離れてしまうのかと思ったら、そこは奇蹟の街NYでした。
まさかあのタイミングで登場したホームレスが、
本当の奇蹟のきっかけを起こしたのにビックリ。

いやはやNY中の人々が送ってくるお金が、積もり積もって60万ドルですよ!?
チャーリーとイボンヌの優しさと真心が、NYの人々の真心を動かした奇蹟ですね。
まだまだ人間の真心も捨てたものではないと思ってしまいました。

むかつくミュリエルでしたが、最後に痛い目にあっていたので気分スッキリです。


大金を手に入れた1つ目の運命のイタズラ、
ホテルで再会した2つ目の運命のイタズラ、
そして人間の真心が起こした本当の奇蹟に拍手喝采!!


でもこの作品は実話を基にされていたのにはビックリです。
素直に感動し、幸せな気分にしてくれました。
たまにはこんな奇蹟もいいですねわーい(嬉しい顔)

【上映時間】101 分
【製作国】アメリカ
【主な出演】
  ニコラス・ケイジ:チャーリー・ラング
  ブリジット・フォンダ:イボンヌ
  ロージー・ペレス:ミュリエル・ラング
【監督】アンドリュー・バーグマン
【製作】マイク・ロベル
【製作総指揮】ゲイリー・アデルソン/クレイグ・ボームガーテン/ジョセフ・ハートウィック
【脚本】ジェーン・アンダーソン
【音楽】カーター・バーウェル
posted by レオン at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【洋画あ行】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/18366426
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。