2006年07月08日

【ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ】(2005)「年の離れた名優の共演」


【キーワード】
『子役』 『真実はいったい・・・』

■少女にしか見えないたった一人の遊び仲間…
 それはすべての禍の始まりだった。
■もう、いいかい
 まぁだだよ
 もう、いいかい
 ……もういいよ

【評価】<★★★=2点 ☆=1点)
ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ
心理学者のデビッドは、妻の自殺によって心を閉ざした9歳の娘エミリーの心を癒すために
NY郊外の静かな町に引っ越した。
エミリーはいつしかチャーリーという”見えない友達”と遊ぶようになる。
それはこれから始まる惨劇の幕開けだった。



ドキドキしたよ〜。ふらふら
やっぱりこれ系の作品は好んで観れません。
しかし名優の共演とあっては観なくてはなりませんよね。


印象的なところは・・・。ぴかぴか(新しい)
●最後に描いたエミリーの絵。
※怖すぎますがく〜(落胆した顔)
●エリザベスの最期。
※「キャーーーーー!!」 まさに恐怖の始まりでしたよ。
●エミリーのドレスアップ。
※妙な妖しさがありましたね。
●最後の戦いでの懐中電灯の使い方。
※光と闇を上手く演出していました。

残念なところは・・・。むかっ(怒り)
●隣人の存在は?
※すごく中途半端な感じで残念。
●後半でエミリーがいきなり怯えだしたのがよくわかりませんでした。
※前半のあの不可解な行動&言動は何だったのでしょうかね。
●”かわいいお嬢さん”という単語がいくつも出てきて非常に気になっていたのですが、
 特に何もなくて残念でした。

とにかくロバート・デ・ニーロダコタ・ファニング初競演るんるん
それは2人の才能が十二分に発揮される作品でしたね。
親子どころか祖父&孫ぐらいの年の差があるこの2人ですからね。


ロバート・デ・ニーロは熟練の演技力に圧倒されました。
とくに後半は彼の独壇場です。
その狂気ぶりが似合いすぎて、怖すぎですがく〜(落胆した顔)

そしてダコタ・ファニングにはもっと圧倒されました。
彼女はこれまでも数多くの主役を圧倒する演技を魅せてくれましたが、
今回は今回は相手が悪かった
だってあのロバート・デ・ニーロですからね(笑)わーい(嬉しい顔)
主役を喰うことはできなかったけど、年の離れた名優同士のガチンコバトルパンチ


2人の名優の才能を互いに潰すこともなく最大限に活かしてくれた
ストーリーにも好感が持てました。
前半はエミリーの不可解な行動&言動をダコタ・ファニングが魅せてくれて、
後半はデビッドの狂気をロバート・デ・ニーロが魅せてくれました。
前半と後半で主役を交代させた感じに受け止めました。



ダコタ・ファニングは注目している女優の一人です。
彼女は最近難しい役を演じてますが、でも個人的には泣かせる作品にも出演を願いたいです。


ラストのオルゴールの音色が、今回の物語の悲しさもうやだ〜(悲しい顔)というか怖さがく〜(落胆した顔)をサポートしていましたね。
これで終わりかと思ったら、最後のラストカットでやってくれました。
意味深なあの絵・・・、真実が気になってしょうがないです。


ちなみにもう1つのエンディングがDVDにありました。
良い箇所もあるのですが、個人的には劇場公開版のエンディングが好きですね。

今回はハラハラドキドキしてしまう作品での名優の共演でしたが、
個人的には温かなな雰囲気のある作品での再共演を願いたいですね。

【上映時間】102 分
【製作国】アメリカ
【主な出演】
  ロバート・デ・ニーロ:デビッド・キャラウェイ
  ダコタ・ファニング:エミリー・キャラウェイ
  ファムケ・ヤンセン:キャサリン
  エリザベス・シュー:エリザベス・ヤング
  エイミー・アーヴィング:アリソン・キャラウェイ
  ディラン・ベイカー Dylan Baker ハファティ保安官
【監督】ジョン・ポルソン John Polson
【製作】バリー・ジョセフソン Barry Josephson
【製作総指揮】ジョー・カラッシオロ・Jr Joe Caracciolo Jr.
【脚本】アリ・シュロスバーグ Ari Schlossberg
【音楽】ジョン・オットマン John Ottman
【公式サイト】http://www.foxjapan.com/movies/hideandseek/
posted by レオン at 10:50 | Comment(0) | TrackBack(1) | 【洋画は行】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

映画『ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ』
Excerpt: 原題:Hide and Seek 決まって深夜2時6分に目覚める(我に返る)そして謎めいて恐ろしいことが起きている、なにがどうなのか訳の分からないまま、物語は進むサイコスリラー・・ ..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked: 2006-10-10 01:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。