2006年09月03日

【美しき野遜】(2005)「まさに人生の転落劇」


【キーワード】
『切なさが心に染みる』 『友情という絆』 『韓流作品』

■愛のために泣く

【評価】★★★☆臓2点 ☆臓1点)
美しき野遜.jpg
チャン・ドヨンは純粋なる正義感ゆえに力ずくな捜査をしてしまう刑事だった。
ある日、義弟のイ・ドンジクがドガン組の幹部によって出所直後に殺された。
怒りに震えるチャンはドガン組への復讐を誓う。
そしてドガン組の撲滅に動き出した男がもう一人いた。
冷徹で妥協のない仕事ゆえに上層部から疎まれていたエリート検事のオ・ジヌ。
彼はチャン刑事の存在を知り、捜査協力を依頼する。
対照的な二人は捜査が進むにつれ、次・に目に見えぬ絆が強くなっていった。



よく内容も知らないうえに、主演2名の作品はこれが初鑑賞でした。


印象的なところ・・・。ぴかぴか(新しい)
●殺された義弟を抱きしめるチャン刑事。
※こういうシーンは辛いねふらふら
●母親の遺影を抱きしめるチャン刑事。
※これまた辛いっすよふらふら
●チャン刑事の最期。
※うぉぉぉexclamation やってくれましたもうやだ〜(悲しい顔)
●復讐を果たして煙草に火をつけるオ検事。
※くわ〜、男の哀愁がにじみ出てるぞもうやだ〜(悲しい顔)

残念なところ・・・。むかっ(怒り)
●チャン刑事の家族のお話ももう少し欲しかった。
●チャン刑事とオ検事の絆を深めるエピソードが少ないよね。
●チャン刑事の格闘アクションがワンパターンな気が・・・。


大まかなストーリーは対照的な性格の刑事と検事が、
ひとつの目的のために共に捜査をするってところ。

主役はチャン刑事とオ検事。
力任せで暴走しっぱなしチャン刑事
この設定はいいと思うが、ただ手当たり次・に暴走しっぱなしなのもどうかと・・・。
だって明らかに強引、やりすぎ、暴力刑事一直線なんですもの(笑)わーい(嬉しい顔)
義理の弟が殺されて復讐を決意し、
母親を死に追いやられ遂にしてはいけないことに手を染めた。
人生の階段をゴロゴロと転げ落ちてますよバッド(下向き矢印)


血だらけの義弟を抱きしめるシーンは、とにかく観ていて辛かった〜ふらふら
暴走しっぱなしのチャン刑事が幼馴染み?の女性に幸せを求めようとするシーンも、
ギャップがあって良かったな。
幸せになってみたい、人並みに」という台詞は特に良かった。
でもこんな告白は相手にしてみればちょっとなー(笑)わーい(嬉しい顔)
チャンが母親の遺影を抱きしめるシーンは悲しすぎましたふらふら


オ検事は才能もありヤリ手なのだが、出る杭は打たれるタイプ。
途中から人生転げ落ちちゃってますバッド(下向き矢印)
どこかで大逆転するのかと思ったら徹底的に落ちていったところはある意味評価しちゃいますわーい(嬉しい顔)
裁判の際に遂にキレて暴走したオ検事は迫力ありましたねー。
オ検事の過去にもなにかスパイスが欲しかった気もします。


オ検事がチャン刑事を捜査に勧誘するシーンもいいですねー。
二人の乾杯シーンが好きでした。
チャン刑事にライターを贈る検事のシーンも好きでした。
このライターが後半でグッとくるアイテムに・・・。

ぶつかり合って対照的な2人でしたが、敵にハメられて捕まってしまった。
追う立場が追われる立場にっていう逆転のストーリー展開。
ありきたりではありますが嫌いじゃありませんのでナイス。
牢屋の中で絶望するオ検事に「俺のせいにして、お前は出ろ」と言うチャン刑事。
もう終わった」と気力を失うオ検事。
そんな相棒に愕然として壁にうなだれるチャン刑事。
このシーンもいいですねー。
チャン刑事のオ検事に対する信頼を感じました。
そして絶望感たっぷりでした。
あれだけ自信満々だったオ検事よ、このまま落ちていくのかexclamation&question


そして母親が死んだチャン刑事の破滅へのストーリー。
特に階段で幸せそうな家族を襲撃するシーンは、
いやー『ゴッドファーザーV』ですかと言わんばかりの設定でした。
幸せな雰囲気をぶち壊す野獣と化したチャン刑事。
正直言ってやりすぎでしょう・・・、野獣と言うか猛獣と化してます。
いくらなんでも一般市民に迷惑かけちゃいけませんよ。

そしてチャン刑事の最期。
いやーカッコイイexclamation×2
警官隊に包囲されながらも宿敵を追いつめるチャン刑事。
銃で狙われている状態でタバコにそっと火をともす。
拳銃を上げ、響く銃声、揃ち込まれる銃弾どんっ(衝撃)
うわーーー、哀しすぎるexclamation 心が痛いよexclamation×2
野獣と化したチャン刑事の壮絶な最期。
そして哀しすぎる最期・・・もうやだ〜(悲しい顔)

チャン刑事は死に、オ検事は服役中。
生き残って成功を収める敵の大ボス。
これで終わってはチャン刑事があまりにも悲しすぎます。

そして1年後・・・
チャン刑事とお母さんと義弟の三人が眠る墓。
そなえられたライター
やってくれましたオ検事。
チャン刑事を思わせる姿に、物語の全てを終わらせる銃声どんっ(衝撃)
そしてタバコに火を灯して微笑むオ検事

最高のエンディングですもうやだ〜(悲しい顔)


正直言って前半から中盤は微妙な感じでした。
もう少しチャン刑事と義弟やお母さんとのエピソードも欲しかったし、
チャン刑事とオ検事の絆を深めるエピソードも欲しかった。
でもクライマックスは良くできていましたわーい(嬉しい顔)


ゴッドファーザー』や『インファナル・アフェア』ほどではないですが、
頑張って作ったと思いますわーい(嬉しい顔)
個人的には、チャン刑事の死を知るオ検事のシーンが
あったりしてもいいと思いました。
チャン刑事の最期にオ検事も立ち合わせてもよかったと思う。
チャン刑事の墓地から離れていくオ検事の後姿なんてのも
あったらいいのにとも思いました。



ぶつかり合いながらも互いを理解し、そして積み重ねられていった2人の信頼の絆
こんな作品をもっと誕生させて欲しいものです。

【メディア】映画
【上映時間】125分
【製作国】韓国
【主な出演】
  クォン・サンウ:チャン・ドヨン
  ユ・ジテ:オ・ジヌ
  オム・ジウォン:カン・ジュヒ
  ソン・ビョンホ:ユ・カンジン
  キム・ユンソク:ジュ・ヒョンテ
  カン・ソンジン:チョ・ヨンチョル
  イ・ジュンムン:イ・ドンジク ・ソンス
【監督】キム・ソンス
【脚本】キム・ソンス/ハン・ジフン
【音楽】川井憲次
【公式サイト】http://www.beautiful-beast.com/
posted by レオン at 22:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 【洋画あ行】
この記事へのコメント
はじめまして!

サンウの映画 よく見てくれていて 嬉しいです。
この映画 ヒットしなかったので、、。私は5回見に行きました。DVDも買って見てます。
サンウはこの映画に これからの俳優人生を賭けていたのですけどね。
キム・ソンス監督はこの映画が 初めての監督作品ですし、、。
仕方ないですかね?
今、劇場公開している (青春漫画)は また、ガラリ変わったサンウです。
でも これも、、。あまりみたいですね。
なんでだろう?私は毎日(韓国版のDVD)見てるけど、、。 
Posted by ゆう at 2006年09月04日 08:02
はじめまして、ゆうさん。
そしてコメントありがとうございます。

サンウが俳優人生をかけていたのは知りませんでした。
今回の作品は非常に惜しい作品だと思います。
ストーリーの比重のかけ方が誤ったのか、万人には受けなかったみたいですね。

でも個人的にはクライマックスのほうは結構お気に入りなんですけどね。

サンウ作品はこれが初めてでしたが、色々な役を演じてますよね。
模索中なのでしょうか?
それともあえて様々な役を選んでいるのかもしれませんね。

ゆうさんは本当にサンウが好きなんですね。
サンウが大ブレイクする役に巡り会える日を楽しみにしています。
Posted by レオン at 2006年09月17日 01:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。