2006年10月29日

【ティム・バートンのコープスブライド】(2005) 「死んでいても感じる心の痛み」


【キーワード】
『哀しい恋愛』 『ジョニー・デップ』

■ホネまで愛してくれますか?

【評価】★★★★=2点 ☆=1点)
ティム・バートンのコープス・ブライド
親の言いなりとなって結婚することになったビクターとビクトリア。
しかし結婚前日の夜に、ビクターは森の中で本番の練習として結婚の言葉を誓う。
そんなビクターの言葉を信じて結婚の未練を残して死んだエミリーが、
ビクターを強引に死者の世界に連れ去ってしまうのだった。


人形を使ったこの作品。
その人形のデザインが好みじゃないし、怖そうな雰囲気があったので見ていなかったのですが、
たまたま予告を拝見するとなんだか愛の物語っぽい感じ。
ジョニー・デップが声の出演もしているということもありますし、とりあえず観てみました。
すると・・・、観たのは大正解
とってもとっても素敵な愛の物語揺れるハート


印象的なところ・・・。ぴかぴか(新しい)
●ピアノシーン。
※ビクトリアとの出会いも良かったし、エミリーと心が通じ合うのも良かった。
●バンドマンの演奏。
※歌の内容は哀しいのに、その演奏はメッチャ楽しかったわーい(嬉しい顔)
●ビクターを愛しているゆえに身を引くエミリー。
※何回見ても泣けますもうやだ〜(悲しい顔)
●コロコロ転がる犬。
※可愛い〜〜るんるん

残念なところ・・・。むかっ(怒り)
●作品の時間が短いのが残念。
●ビクター×ビクトリアのエピソードがイマイチ少ないんだよね。



最初はミュージカルっぽく踊って歌ってとしていたので、
そういう作品なのかと思ってしまいました。
 ※ミュージカルって苦手なんですよ。
それに人形の顔もちょっぴり怖い感じ。
だけど不思議なことに物語が進んでくと、
だんだん全てのキャラが可愛らしく見えてきちゃいますわーい(嬉しい顔)
特に骨だけの犬がメッチャ可愛いんですよexclamation

個人的にはガイコツのバンドマンがエミリーの悲しい過去を歌うシーンは大好きでした。
自分達の骨を使った楽器演奏が最高に楽しかったよわーい(嬉しい顔)

そして問題の”コープス・ブライド”エミリー。
不気味な顔立ちなんですが、クライマックスにはすっごく可愛く見えちゃいます。
特にビクトリアの姿を見つけて身を引く彼女は素敵でしたよ。
死んでいるけど、目玉は時々取れちゃうけど、素敵なイイ女でした。
心臓は動いていなくても感じてしまう心の痛み
たらーっ(汗)するエミリーをは観ていて辛かったですふらふら


生者死者の2人に挟まれたビクター。
エミリーのために毒薬を飲もうとするビクターもカッコイイグッド(上向き矢印)
命を失ってもエミリーを愛そうとするその心は本物ですね。
エミリーとビクターのピアノシーンもとっても素敵。
そのメロディるんるんが切なくそして温かでしたわーい(嬉しい顔)


結婚の夢を奪われたエミリー。
その夢が叶う直前で、今度は自分がその夢を奪う側にいることに気づくエミリー。
彼女の決断と、そっとつぶやく愛の言葉に涙です・・・もうやだ〜(悲しい顔)
素敵な愛の物語黒ハート
命の有無は関係ない、もはや生死を越えたこれも1つの愛の物語。
結婚は出来なくてもビクターに出逢えたことは、
エミリーにとって幸せなことだったと思います。

結婚に縛られた哀しき”コープス・ブライド”。
無数の蝶となり美しく輝く月満月の光に導かれ自由に飛び立つエミリーにひたすら感動だね。
生まれ変わったら本当に幸せになってほしいものです。


異色な恋愛映画としておススメしちゃいます。


こんな作品を描き出したティム・バートン恐るべし。
こうなると同様の人形作品『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』が気になってしまいます。

それにしても巧みに動く人形の技術力美術力に感心しましたわーい(嬉しい顔)
日本もこんな人形作品を作ってもらいたいですね。

【上映時間】77分
【製作国】イギリス
【主な声の出演】
  ジョニー・デップ:ビクター
  ヘレナ・ボナム=カーター:エミリー(コープス・ブライド)
  エミリー・ワトソン:ビクトリア
【監督】ティム・バートン/マイク・ジョンソン
【製作】アリソン・アベイト/ティム・バートン
【製作総指揮】ジェフリー・オーバック/ジョー・ランフト
【脚本】パメラ・ペトラー/キャロライン・トンプソン/ジョン・オーガスト
【音楽」ダニー・エルフマン
【公式サイト】http://www.corpse-bride.jp/
posted by レオン at 22:23 | Comment(0) | TrackBack(1) | 【アニメ】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/26425962

映画「ティム・バートンのコープスブライド」
Excerpt: 原題:TIM BURTON'S CORPSE BRIDE  ??二人の花嫁?? 19世紀ロシア民話を元にしたストップモーション・アニメによる映画化、ティム・バートン監督とジョニー・デ..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked: 2006-10-30 01:10
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。