2005年11月29日

【Mr.インクレティブル】(2004)「ヒーローだって人間だ!」


■彼の名は、Mr. インクレディブル。
 職業、元スーパー・ヒーロー。
 愛するものは、妻と三人の子供…。

【評価】★★★★=2点 ☆=1点)
Mr. インクレティブル
世界の危機を救ってきたMr.インクレディブルは同じヒーローのイラスティガールと結婚。
しかし彼の桁外れのパワーが裏目に出て、訴えられてしまいスーパー・ヒーローとしての
活動が禁じられた。
そして15年後、Mr.インクレティブルはサラリーマンとして妻、娘、息子と
4人家族で過ごしていた。
会社問題や家族問題と様々な悩みを持って過ごしていたが、
元ヒーローたちが次々と行方不明になる事件が続発。
子供も大人も楽しめる物語。


やってくれましたねexclamation ピクサー社
今度は人間が題材・・・だけどそれはスーパーヒーローexclamation×2
ただヒーローが活躍するだけの物語じゃないのが、そこがピクサー社。
とにかく爆笑です。わーい(嬉しい顔)
今回はたぶん男の大人でも楽しめたと思います。
だって男は、小さい頃には誰でもヒーローに憧れたぴかぴか(新しい)と思いますからね。


印象的なところは・・・。ぴかぴか(新しい)
●飛行機爆発どんっ(衝撃)
※思わず息を呑んでしまいました。がく〜(落胆した顔)
●自動ドアに挟まるヘレン。
※絶体絶命!ふらふら なんだけど・・・爆笑!わーい(嬉しい顔)
●ダッシュの100m競争ダッシュ(走り出すさま)
※応援が笑えます。わーい(嬉しい顔)
●シールドボール(勝手に命名)で両親をひいちゃうシーン。
※その威力に感嘆し、両親が巻き込まれるのに爆笑。わーい(嬉しい顔)
●お腹がひっかかるMr.インクレディブル。
※爆笑しました。わーい(嬉しい顔) すぎた年月が寂しいですねー。
●シンドロームの最期。
※マントの有無がこんなところに影響したのには笑えました。わーい(嬉しい顔)

残念なところは・・・。むかっ(怒り)
●ヒーローへの救いの声が欲しかった。
※ヒーロー廃業に追いやった世間の人々が、
  ヒーローに”助けてー”っていうシーンなんかがあったらな。


ダッシュの敵との追いかけっこなど、スピード感があって観ていて楽しかったです。
ヴァイオレットがシールドボールで脱出シーンでは、その使い方に感心しました。
インクレディブルがミラージュを捕らえたけど放してしまうシーンが哀しかった。
ヘレンが夫に浮気されているのでは?と思ってしまうシーンは寂しかったです。

それにしても今回も色々とストーリーに盛り込んでくれましたね。
会社問題、家族問題、訴訟・・・、内容がすごいです。
スーパーヒーローが訴えられるのには、ちょっと寂しかったです。ふらふら

スーパーパワーに伸縮自在の身体、透明機能にシールド、スーパースピード・・・。
どれもすごい能力ですexclamation
このキャラたちをぜひ『X−MEN』でリアルに再現してほしいです。(笑)わーい(嬉しい顔)

この作品こそ、ぜひ続編を観てみたいですよ。
赤ちゃんが、成長して活躍するシーンを観てみたいです。

【上映時間】115 分
【製作国】アメリカ
【主な声の出演】
  クレイグ・T・ネルソン:ボブ(Mr.インクレディブル)
  ホリー・ハンター:ヘレン(イラスティガール)
  サラ・ヴォーウェル:ヴァイオレット
  スペンサー・フォックス:ダッシュ
  エリザベス・ペーニャ:ミラージュ
  ブラッド・バード:エドナ・モード
  サミュエル・L・ジャクソン:フロゾン
  ジェイソン・リー:シンドローム
【主な声の出演:日本語吹替版】
  三浦友和:ボブ(Mr.インクレディブル)
  黒木瞳:ヘレン(イラスティガール)
  綾瀬はるか:ヴァイオレット
  海鋒拓也 ダッシュ
  渡辺美佐:ミラージュ
  後藤哲夫:エドナ・モード
  斉藤志郎:フロゾン
  宮迫博之:シンドローム
【監督】ブラッド・バード
【製作】ジョン・ウォーカー
【製作総指揮】ジョン・ラセター
【脚本】ブラッド・バード
【音楽】マイケル・ジアッキノ
posted by レオン at 18:39 | Comment(0) | TrackBack(1) | 【アニメ】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

■〔映画評Vol.15〕『Mr.インクレディブル』(2004/ブラッド・バード)
Excerpt: こんばんは?? この8月最後の日も残すところ後10分ほど、 おそらくは...8月最後のエントリーとなりそうです!((^^) *** さて、映画好きとしての自分自身を顧みて、 ..
Weblog: 太陽がくれた季節
Tracked: 2005-11-30 22:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。