2006年10月08日

【ルパン】(2004)「これが本家ルパンだ!」


【キーワード】
『プロフェッショナルな犯罪者』 『逃げる奴、追う奴』 『真実はいったい・・・』

■華麗に、大胆に、スマートに!

【評価】★★★☆=2点 ☆=1点)
ルパン
少年アルセーヌ・ルパンは、泥棒だった父の指示で公爵夫人が所有する首飾りを盗み出す。
その首飾りを受け取り逃亡したはずの父は翌朝したいとなって発見された。
20歳となり怪盗として成長したルパンは偶然にも従妹のクラリスと再会した。
だがある日、捕われのカリオストロ伯爵夫人を救出したことによりルパンの運命は急展開。
それは死んだ父親の真実へと繋がっていく。


怪盗ルパンが華麗に参上るんるん
と言ってもルパン三世じゃなくって、アルセーヌ・ルパンのほう。
アルセーヌ・ルパンのほうは小説を読んでいないので詳しくは知りません。
ルパン三世で有名なクラリス、カリオストロがでてきましたね。
元々本家ルパンから頂いた名称だったのでしょうか?
それにしても生誕100周年で製作されただけあって、楽しかったです。


印象的なところ・・・。ぴかぴか(新しい)
●妻を失い、子供をさらわれ崩れ落ちるルパン。
※こんな結末にビックリですよがく〜(落胆した顔)
●カフェ爆破どんっ(衝撃)
※緊迫の惨状に驚きがく〜(落胆した顔)
●成長した息子とルパンの対峙。
※メッチャ緊迫しましたふらふら
●クラリス殺害&息子誘拐。
※ルパンが悲惨だもうやだ〜(悲しい顔)


残念なところ・・・。むかっ(怒り)
●格闘を含めアクションがイマイチかな。
●もう少し謎解き部分に力を入れてほしいかな。


最初はどんなものかと思ってました。
これがまた観ているうちにドンドンとルパンの世界に引きずり込まれましたねー。


今回のストーリーは原作シリーズから何冊にも渡り名場面を抜き取っているらしく、
おかげで中途半端だというご指摘を受けたりもしているらしいのですが、
生粋のルパンファンではない私にとっては、中途半端って感じはしませんでした。
逆に次から次へと観るものを引き込ませる魅力に感じました。
ただいつの間にか子供が生まれていたり、
いつの間にか子供が成長しているのはビックリ。
もう少し時間経過がわかりやすくしてほしかった気もします。


キャラ的にはルパンは最初「???」って感じでしたが、
クラリスと結婚後のルパンの姿はイメージにピッタリです。
クラリスはルパンにはもったいないぐらい素敵。
でも出番がほとんどないうえに、悲しい結末・・・、可哀想ですよもうやだ〜(悲しい顔)
ボーマニャンはいい味出してましたねー。
冷酷&不死身っぷりがなかなかのもの。
まさかまさかのその正体にビックリですよ。
その最期は無残なものでしたふらふら
そしてカリオストロ伯爵夫人ジョセフィーヌ・・・、恐るべき魔女exclamation
私も騙されちゃいました(笑)わーい(嬉しい顔)
最初は素敵な女性でしたが、次第に恐るべき魔女の本性が・・・。
こ、怖すぎますがく〜(落胆した顔)
個人的にはジョセフィーヌの部下の男が好きでしたねー。
あの最期も悲しかったですふらふら


オープニングでいきなり父親に泥棒疑惑。
アッサリ親父は泥棒と認めて、ちゃっかり息子にその手伝いさせちゃうのは爆笑。
というか自分で盗まんかいexclamationとツッコミたい(笑)わーい(嬉しい顔)
そして奥さんと息子残して逃げちゃうの??とビックリしたら、急展開。
いきなり逃亡した親父の遺体発見がく〜(落胆した顔)
誰が殺した??」と思いつつ・・・。
悲しみを背負った幼少のルパンは、華麗なる泥棒として成長しちゃいました。


母親との死別シーンは哀しかったふらふら
飛び出して母親を抱きしめることのできない歯がゆさが辛かったーもうやだ〜(悲しい顔)
追われている犯罪者ゆえの苦しさですね。

クラリスといい感じだったのにジョセフィーヌに溺れてしまうのは女好きハートたち(複数ハート)ですよね。
でもこのジョセフィーヌとの出会いが、ルパンの運命を大きく動かしました。


フランス王家の財宝を求めての大冒険スタートexclamation×2
ルーブル美術館、灯台、仮面舞踏会などなど様々な舞台での駆け引き、アクション。
2転グッド(上向き矢印)3転バッド(下向き矢印)する展開は面白いですわーい(嬉しい顔)
メインで活躍するルパンカリオストロ伯爵婦人のジョセフィーヌボーマニャン
この三者三様がそれぞれの思惑で物語を楽しませてくれました。
特にボーマニャンはそれほど重要視していなかったのですが、まさかあんなに活躍するとは・・・。


遂に宿敵を罠にハメて、十字架のカラクリを暴いたルパン。
財宝の眠る地で待っていたのはボーマニャン。
そして語られる父親殺害の真相
それまで父親殺害の夢で犯人が移り変わっていましたが、語られた真実には驚きがく〜(落胆した顔)
個人的には親父さんはいい泥棒だったと信じていただけに、ちょっぴり嫌な真相でした。
結局両親2人共に後味の悪い決別だったルパンが悲惨です。


それから一気に時間がたって子供誕生にはビックリ。
クラリスと幸せに暮らしながらも気ままな泥棒生活をしていたルパンを待っていたのは
クラリスの遺体がく〜(落胆した顔)
ジョセフィーヌの魔の手がクラリスを襲った瞬間はショーーックexclamation×2
目の前で息子をジョセフィーヌに誘拐されて絶望を味わうルパン。
この展開はこれまた驚きで、もうハラハラドキドキです。
そしてアルセーヌ・ルパンとしての身分証を燃やし、別人として生きるルパンの姿に涙もうやだ〜(悲しい顔)



そして偶然にも立派に成長した息子ジャンとの再会は、ジョセフィーヌが爆破暗殺の目論み中。
新たな3人の再会。
ジョセフィーヌが見つめる中、姿をくらますルパン
うわーー、気になる終わり方ですよふらふら
と言うかこれってシリーズ作品だったのですかexclamation&question

騙し騙され追いつ追われて、巧みな展開は存分に楽しめましたわーい(嬉しい顔)
ただルパンがやられすぎかなって気もしますが、相手が強敵ですから仕方がないですよね。
十字架のカラクリも良かったと思います。
ラブロマンスにそれほど比重を掛けずに、上手く描いていたと思います。
アクションの出来は仕方がないですが、話のテンポは楽しめました。
クライマックスに向けてドンドン加速ダッシュ(走り出すさま)していく展開は面白かったです。

後半のクライマックスではどこでエンディングにしても良かった気もします。
「いつ終わるの? いつエンディング??」と気になっちゃいましたわーい(嬉しい顔)
とことん引っ張ったエンディングのわりにはグダグダにならず、絶妙なラストでした。

それにしても続編はやってくれるのでしょうか?
いや、このラストなら続編をやらなかったら怒りますよわーい(嬉しい顔)

【上映時間】132分
【製作国】フランス/イタリア/スペイン/イギリス
【主な出演】
  ロマン・デュリス:アルセーヌ・ルパン
  クリスティン・スコット・トーマス:ジョセフィーヌ=カリオストロ伯爵夫人
  パスカル・グレゴリー:ボーマニャン
  エヴァ・グリーン:クラリス
【監督】ジャン=ポール・サロメ
【製作】ステファーヌ・マルシル
【原作】モーリス・ルブラン
【脚本】ジャン=ポール・サロメ/ローラン・ヴァショー
【音楽】デビー・ワイズマン
【公式サイト】http://www.arsene-lupin.jp/
posted by レオン at 19:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【洋画ら行】

2006年02月26日

【レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語】(2004) 「笑えるジム・キャリー復活!」


【キーワード】
『子役』 『家族という絆』

■幸せだった三姉弟妹を次々と襲う、最悪の不幸がはじまる

【評価】★★☆=2点 ☆=1点)
レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語
裕福なボードレール家には3姉弟妹がいました。
長女のヴァイオレットは、日常の発明品を作る14歳の天才発明家。
長男のクラウスは、普通の人が一生かかっても読みきれない量の本をすでに読破し、
その内容を把握している。
末っ子のサニーは、どんなものでも噛みついたら離さない女の子。
ある日、3姉弟妹の両親が莫大な遺産を残して家事で死んでしまった。
身寄りのない3姉弟妹は遠縁の親戚オラフ伯爵に預けられたのだが、
オラフ伯爵の目的は莫大な遺産だった。
遺産を狙う執拗なオラフ伯爵の魔の手を、3姉弟妹は知恵とひらめきと3姉弟妹の絆で
乗り越えていく。


案の定、まったく原作を読んでません(笑)わーい(嬉しい顔)

印象的なところは・・・。ぴかぴか(新しい)
●迷子の手紙。
※手紙が届いたのは、3人にとって唯一の幸福でしたね。
●骨を投げてそれをキャッチする犬のようなサニー。
※爆笑!わーい(嬉しい顔) ナイスキャッチです。

残念なところは・・・。むかっ(怒り)
●ヴァイオレットの発明品をもっと堪能したかった。
●クラウスの読破した本による知識をもっと活かしてほしかった。
●サニーの能力を活かしきれていない。
●カメオ出演のダスティン・ホフマンは何者ですか?


3姉弟妹(長女ヴァイオレット 長男クラウス 末っ子サニー)の個性と能力がいいですね。
どんな難問も解いてきたヴァイオレットが諦めてしまった時に、クラウスが立ち上がったときには、
「そうだ! 男ならここで立ち上がれ!!」って応援しちゃいました(笑)わーい(嬉しい顔)
おそらくシリーズ化になると思うのですが、
第1作目ということで3姉弟妹の能力と個性がまだ爆発しきっていないんですよね。
特に末っ子のサニー!
活躍が少なすぎるぞ!!
でもその少ないシーンにもかかわらず、私を爆笑させてくれたのはサニーでした。
あのテーブルをカジってぶら下がってる姿、的確なボケとツッコミ・・・。 もう最高です(笑)
お願いですから続編ではサニーの活躍を増やしてほしいです。

長女ヴァイオレットを演じたエミリー・ブラウニングは確かに可愛かったです。
将来が楽しみですね。


OPとEDのアニメーション映像は良かった!
本編にも負けない、なかなかの力作です。
またクラウスが知識を引っ張り出すのに、本棚から本が抜き取られる映像も良かったし、
作者”レモニー・スニケット”が綴るという感じで作られていたのも好印象。
この”レモニー・スニケット”の声がジュード・ロウなのは知りませんでした(笑)


今作品では注目はやっぱりこの人exclamation ジム・キャリーるんるん
相変わらずなハイテンション&オーバーアクションな演技に爆笑しつつも感心しました。
もともとジム・キャリーとは『エース・ベンチュラ』が出会いのきっかけでした。
この作品から一気に俳優ジム・キャリーにハマってしまいましたね(笑)
しかし一時期から真面目な雰囲気の作品に出るようになってしまい、
ハイテンションオーバーアクションが減少してきた感じを受けていたのですが、
見事に今作品で復活!!
ジム・キャリーはこの3パターンですよね。
@”とことん笑わせてくれる”
A”笑いもあるんだけど最後にはポロリと感動を”
B”特殊メイク&変装”
今作品では@とBが当てはまってます。


え〜、これって確実に続編出ますよね。
ハリー・ポッターのごとくシリーズ化されたら、はたして3姉弟妹はどんな成長をしてるのでしょうか。

【上映時間】109 分
【製作国】アメリカ
【主な出演】
  ジム・キャリー:オラフ伯爵
  メリル・ストリープ:ジョセフィーンおばさん
  エミリー・ブラウニング:ヴァイオレット・ボードレール
  リーアム・エイケン:クラウス・ボードレール
  カラ・ホフマン:サニー・ボードレール
  シェルビー・ホフマン:サニー・ボードレール
  ティモシー・スポール:ミスター・ポー
  ダスティン・ホフマン
【声の出演】
  ジュード・ロウ:レモニー・スニケット
【監督】ブラッド・シルバーリング
【製作】ローリー・マクドナルド/ウォルター・F・パークス
【原作】レモニー・スニケット『世にも不幸なできごと1 最悪のはじまり』
【脚本】ロバート・ゴードン
【音楽】トーマス・ニューマン
【公式サイト】http://fushiawase.jp/
posted by レオン at 14:28 | Comment(0) | TrackBack(3) | 【洋画ら行】

2005年12月12日

【ラブ・アクチュアリー】(2003)「あなたはどの恋愛模様がお好きですか?」


■19人が織り成すそれぞれの愛のカタチ――それはあなたの物語(ストーリー)。

【評価】★★★☆=2点 ☆=1点)
ラブ・アクチュアリー
12月のロンドン。クリスマス目前で描かれる様々な恋愛模様。
ひと目惚れしてしまう英国首相。親友の妻への秘めた想い。言葉の通じない小説家の恋。
生涯の恋に頑張る少年。2年7ヶ月の片想いをしているOLなどなど・・・。


キーラ・ナイトレイ目的で観たのですが、観終わった後にはその目的は吹っ飛んでしまいました。わーい(嬉しい顔)
恋愛群像劇なのですが、どれも素敵です。

印象的なところは・・・。ぴかぴか(新しい)
●マークが撮影したジュリエットの映像。
※マークの決して語ることのない秘めた想いが、その映像を見ているだけで伝わってきました。もうやだ〜(悲しい顔)
●ジョアンナに会うために空港を疾走ダッシュ(走り出すさま)するサム。
※メッチャ青春してます。思わず「行けー!!」って思っちゃいました。
●声に出さないメッセージでジュリエットに思いを伝えるマーク。
※素敵ですexclamation×2 彼の想いに思わず答えるジュリエットも◎です。
●ジェイミーの告白。
※告白も素敵ですけど、周囲の人々が笑えます。わーい(嬉しい顔)
●デヴィッドの米国大統領への宣戦布告。
※笑いました。わーい(嬉しい顔) 愛は強しexclamation恋敵には負けられませんね。
●家族に見せずに涙を流すカレン。
※カレンは強い女性です。

残念なところ・・・。むかっ(怒り)
●キャラ多すぎ(笑)exclamation×2
●キーラ・ナイトレイの出演シーンが少なすぎ(笑)exclamation×2


とにかく登場人物多すぎ(笑)わーい(嬉しい顔)
しかもパッと見でわかる役者もほんの少し。
めまぐるしくシーンや人物が変化するから、
まず頭の中で世界観を形成するのに時間かかりました。
でもそれぞれの恋愛ストーリーの下準備が出来上がってきたら、あっという間です。
中盤から後半にかけては、ハッピーエンド黒ハートに向けて爆走ダッシュ(走り出すさま)でしたね。


様々な恋愛模様が描かれたこの作品。
どの恋愛も素敵で、どれが一番か悩んでしまいます。
個人的に好きなエピソードを3つ選ぶとしたら、この3つでした。
●マーク×ジュリエット×ピーター。揺れるハート
※マークの気持ちが、切ないけどとっても暖かな気持ちにさせてくれます。
●ジェイミー×オーレリア。揺れるハート
言葉も国境も乗り越えた素敵な愛に思わず拍手。
●サム×ジョアンナ。揺れるハート
※姿形は幼くてもハートは大きいです。


ラストでヒースロー空港の到着ロビーにあふれる愛ハートたち(複数ハート)の映像は、
最後の最後で心をポカポカと温かくしてくれましたね。

【上映時間】135 分
【製作国】イギリス/アメリカ
【主な出演】
  ヒュー・グラント:英国首相デヴィッド
  リーアム・ニーソン:ダニエル
  エマ・トンプソン:カレン
  アラン・リックマン:ハリー
  コリン・ファース:ジェイミー
  ローラ・リニー:サラ
  キーラ・ナイトレイ:ジュリエット
  ローワン・アトキンソン: 宝石店員ルーファス
  ビリー・ボブ・ソーントン:米国大統領
  ビル・ナイ:ビリー
  アンドリュー・リンカーン:マーク
  マルティン・マカッチョン:ナタリー
  ジョアンナ・ペイジ:ジュディ
  クリス・マーシャル:コリン
  ルシア・モニス:オレーリア
  マーティン・フリーマン:ジョン
  トーマス・サングスター:サム
  ロドリゴ・サントロ:カール
  ハイケ・マカッシュ:ミア
  キウェテル・イジョフォー:ピーター
  アブダル・サリス Abdul Salis トニー
  グレゴール・フィッシャー Gregor Fisher ジョー
  オリヴィア・オルソン:ジョアンナ
  シエンナ・ギロリー:ジェイミーの恋人
【監督】リチャード・カーティス
【製作】ティム・ビーヴァン/エリック・フェルナー/ダンカン・ケンワーシー
【製作総指揮】モハメド・アル=ファイド/リチャード・カーティス
【脚本】リチャード・カーティス
【音楽】クレイグ・アームストロング
【公式サイト】http://www.uipjapan.com/loveactually/index.htm
posted by レオン at 14:16 | Comment(0) | TrackBack(2) | 【洋画ら行】

2005年10月16日

【ラスト・プレゼント】(2001)「笑い△泣き◎」


■あなたは 世界が私にくれた 最高のプレゼント!

【評価】★★★★=2点 ☆=1点)
ラスト・プレゼント
なかなか芽の出ないコメディアンのヨンギとしっかり者の妻ジョンヨン。
ヨンギの親に反対されながらも結婚したが、二人は生まれた息子を幼くして亡くしてしまっていた。
ジョンヨンはヨンギに仕事にがんばってもらいたいと陰ながら努力するが、
彼女は不治の病に犯されていたことをヨンギに隠していた。
そんなある日ヨンギはジョンヨンの病気のことを知ってしまうが、知らないフリをする。
ジョンヨンが会いたいと思っている人を会わせてあげたいと思い、
ヨンギに近づいてきた詐欺コンビにお願いをする。
そしてTVのお笑い番組の勝ち抜き戦に出場が決まったヨンギだったが、
ジョンヨンに残された時間はあとわずかに迫っていた・・・。


きっと泣かせてくれると思いながらも、お笑い芸人というところに引っかかって、
なかなか観るところまで踏み切れませんでした。
でもでも観て大正解!
とにかく涙を流しましたよ。もうやだ〜(悲しい顔)

印象的なところは・・・。ぴかぴか(新しい)
●家族写真のシーン。
※やっとつながった家族の絆に涙です。もうやだ〜(悲しい顔)
●プロデューサーの奥さんとの病院の待ち合わせ室のシーン。
※病気のことを秘密にしてほしいと切実に願うジョンヨンに涙。もうやだ〜(悲しい顔)
●TVの前でヨンギの笑顔に涙するシーン。
※ジョンヨンのヨンギへの愛黒ハートを感じました。
●小学校の集合写真の丸印の意味。
※上手いトリックに感動しました。るんるん
●ジョンヨンの最期。
※必至に耐えていく姿に涙です。もうやだ〜(悲しい顔)

残念なところは・・・。むかっ(怒り)
●詐欺コンビをもっと活躍させて欲しかった。
●お笑い芸人じゃなくてもよかったような・・・。
※ジョンヨンの最後のシーンも、夫は笑わせるためにコントを演じているのが妙な感じ。
※芸人ではなくて、劇団員とかさ。
●ヨンギの相棒チョルスは、なんかほったらかしでしたね。
●何の病気なのかが不明。
●意外とジョンヨンが元気な印象だった。
※もう少しやつれていたりしてもよかったのでは?

夫に夢を追ってほしいために病気を隠す妻。
妻の病気を知ってしまい、少しでも妻のために何かをしようとする夫。
気持ちを互いに隠しながら、表面ではケンカをしてしまう。
そんな歯車のかみ合わないところがもどかしくて哀しいです。

そしてやっと互いの思いを知ったあとのベッドで一緒に眠るシーンなんて、すっごく良かった〜。
その後の朝食シーンもなんとも言えない雰囲気でした。


この作品の注目は、イ・ヨンエの演技と、詐欺コンビでしょうね。
詐欺コンビは絶妙に笑わせてくれます。
イ・ヨンエは『JSA』で注目しましたが、いい演技をみせてくれます。

気持ちを隠してしまうのが夫婦の正しいあり方とは言いませんが、
隠したいという互いの気持ちもわかってしまいます。
涙の韓流、本領発揮でしたね。

【上映時間】112 分
【製作国】韓国
【主な出演】
  イ・ジョンジェ:ヨンギ
  イ・ヨンエ:ジョンヨン
  クォン・ヘヒョ:ハクス
  イ・ムヒョン:ハッチョル
  コン・ヒョンジン:チョルス
【監督】オ・ギファン
【製作】キム・ミヒ/キム・サンジン
【脚本】パク・ジュンウ/オ・ギファン
【音楽】チョ・ソンウ
【公式サイト】http://www.seochon.net/lastpresent/
posted by レオン at 21:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【洋画ら行】

2005年03月28日

【リトル・ダンサー】(2000)「父親の想いに涙!」

【キーワード】
『家族という絆』 『子役』 『芸術』 『カッコよくてもダサくても、偉大なる親父』

■僕がバレエ・ダンサーを夢見てはいけないの?
【評価】★★★★=2点 ☆=1点)
リトル・ダンサー
純粋に泣けます!もうやだ〜(悲しい顔)
(主人公のいないシーンで泣けてしまうのが不思議ですけどね。)

未来を夢見る少年と現実を見つめる父親。
この設定に心動かされて観ましたが、やはり良いんです!!


印象的なところは・・・。ぴかぴか(新しい)
●息子のために犠牲になろうとする父親を必死で止めようとする兄が抱き合うシーン。
※ここです!ここで泣かない人はいないと信じてます。
 熱い何かが、胸の中からこみ上げてきました。たらーっ(汗)
 親父の気持ちが想いが、すごく伝わってきます。

残念なところは・・・。むかっ(怒り)
●父親に対する主人公の想いが、描かれていたらもっと良かったのにな。

とにかく、こんな親父もありだなって思わせます。るんるん
【上映時間】111 分
【製作国】イギリス
【主な出演】
  ジェイミー・ベル:ビリー
  ジュリー・ウォルターズ: ウィルキンソン先生
  ゲイリー・ルイス:ビリーの父
  ジェイミー・ドレイヴン:トニー
  アダム・クーパー:ビリー(25歳)
【監督】スティーヴン・ダルドリー
【製作】グレッグ・ブレンマン
    ジョン・フィン
【脚本】リー・ホール
【撮影】ブライアン・テュファーノ
【音楽】スティーヴン・ウォーベック
【公式サイト】http://www.herald.co.jp/movies/little-dancer/
posted by レオン at 07:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【洋画ら行】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。